2018年 6月 25日 (月)

質問に批判続出の和田議員「あそこまで言わないと財務省は真剣には...」 自身への殺害予告も明かす

印刷

   財務省の決裁文書改ざんをめぐる参院予算委員会の集中審議で、太田充理財局長が「いくら何でも...!」と色をなして答弁するきっかけになったのが、和田政宗参院議員(自民)の質問だ。

   2018年3月20日の情報番組でも「一昔前の総会屋と似ている」「あまりにひどい」といった声が相次いた。批判が広がるあまり、殺害・爆破予告のメールを流す者も現れ、和田氏は「国会議員の発言をテロで封殺するもの」だとして憤っている。

  • 財務省の太田充理財局長に対する質問が波紋を広げている(写真は参院インターネット中継から)
    財務省の太田充理財局長に対する質問が波紋を広げている(写真は参院インターネット中継から)

田崎史郎氏ですら「和田さんの質問はあまりにひどい」

   和田氏は3月19日の集中審議で、太田氏が民主党・野田政権で首相秘書官を務めていたことを引き合いに、

「増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?どうですか?」

と迫ったところ、太田氏は

「私は、公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なんで...。それをやられるとさすがに、いくら何でも、そんなつもりは全くありません。それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」

と、色をなして反論した。

   3月20日昼放送の「ひるおび!」(TBS)では、和田氏に対する批判が相次いだ。片山善博元総務相は、質問は「政権にとっては贔屓の引き倒し」で「一昔前の総会屋と似ている感じがした。ちょっとやっぱり古い体質」とみる。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、「この時期にそんなこと言って、皆さんが『そうだ、そうだ』と思うかという、その発想自体がどうしょうもない」と切り捨て、政権との近さがたびたび指摘される時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏ですら、「和田さんの質問はあまりにひどい」。

「来年改選を迎えるので、ちょっと自己アピールしようという気持ちが混じっていたのでは」

と分析した。

報道機関に脅迫メールがあったと明かす

   一方の和田氏は、質問内容に対する批判が増え始めた19日夕方の時点で、ツイッターで

「党にも官邸にも嘘をついた財務省。太田局長には申し訳ないがあそこまで言わないと財務省の調査は真剣にならない」

と説明。20日昼には、質問をめぐる爆破・殺害予告があったことを明かした。

「ある報道機関より連絡があり、私への脅迫メールが来たと。『和田の今回の発言は難癖付けているので報復する、和田事務所に爆弾を仕掛けた。24時間以内に爆破をさせ10数人を殺害し、家族も滅多刺しにする』との内容です。警察に通報しました。国会議員の発言をテロで封殺するもの。断じて許せません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中