2018年 11月 18日 (日)

新幹線「豚まん論争」、これで決着? アイドル考案「斬新すぎる」食べ方

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」の桃乃木かなさん(21)が、新幹線での「豚まんニオイ問題」について、ツイッターで意外な「解決法」を披露した。

   「我慢できないのでこれで許してください」――。こう呟いた桃乃木さんがアップしたのは、頭から大きなビニール袋を被った自らの写真。周囲にニオイが漂うのを防ぐため、その中で豚まんを食べる方法を考え付いたというのだ。

  • これでニオイ問題は解決?(桃乃木さんのツイッターより)
    これでニオイ問題は解決?(桃乃木さんのツイッターより)
  • 「小さい子はマネしないように」とも本人は訴えていた(同)
    「小さい子はマネしないように」とも本人は訴えていた(同)
  • 息ができるようにビニール袋の下は空けている(同)
    息ができるようにビニール袋の下は空けている(同)

「車掌さんも笑って見逃してくれました」

   インターネット上では以前から、新幹線で豚まんを食べることは「ニオイ的にアリかナシか」というテーマが議論の的となってきた。車内での飲食がルールで禁じられている訳ではないが、マナー問題の1つとして論争が続いていたのだ。

   こうした話題を改めて紹介したのが、ニュースサイト「IT mediaビジネスオンライン」が2018年3月13日に公開した「『551蓬莱の豚まん』が新幹線で食べられなくなる日」という記事だった。

   この記事をきっかけに、議論はヒートアップ。複数のワイドショーで賛否を問う特集が組まれたり、豚まんの販売業者の考えを取材するメディアが出たりするなど、大きな話題となっていた。

   そんな豚まんのニオイ問題について、まさかの「解決法」を披露したのが、大食いキャラでも知られる桃乃木さんだった。3月21日夜のツイッターで、

「豚まんを新幹線で食べる事(匂いが充満してしまう)について論争が起きているそうですが、、、我慢出来ないのでこれで許してください」

と投稿。あわせて、大きな透明のビニール袋を被り、その中で美味しそうに豚まんをほおばる自らの写真をアップ。もちろん、息ができるように袋の下は空いた状態となっている。

   続くツイートでは、「思った以上に恥ずかしい事は確かです」とポツリ。自らの姿を「最強に不審者でしたね」と自虐的に振り返りつつも、「車掌さんも笑って見逃してくれました」と伝えていた。

「ビニール袋作戦」の効果は?本人に聞くと...

   こうした桃乃木さんの「解決法」について、ツイッターには「その手があったか」「斬新すぎる」「天才かよ!」などと好意的な書き込みが続出。その一方で、投稿のリプライ(返信)欄には、

「逆に髪の毛とか臭くなりそう」
「(袋の口がある)下から匂い漏れる気がします」

といったツッコミも寄せられていた。

   実際のところ、この解決法の「効果」はどれほどなのか。J-CASTニュースが22日、担当マネジャーを通じて桃乃木さんに話を聞くと、

「髪にニオイがつくのでは、という指摘もありましたが、個人的には全然気になりませんでした。かなり、上手くいったんじゃないかな、と感じています。ただ、良い子はマネしちゃダメな方法ですよね」

とのことだった。実際、隣の席に座っていたというマネジャーも、「そこまでニオイも漏れてこなかった印象なので、効果はあったと思いますよ」と笑いながら話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中