2018年 6月 25日 (月)

「サザエさんは東芝とご覧のスポンサー...」はどう変わる? フジテレビに聞くと...

印刷

   「サザエさんは東芝と、ご覧のスポンサーの提供でお送りします(した)」。国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)の2018年3月25日放送回を最後に、その名セリフを聞くこともなくなる。東芝が番組のスポンサーを降板したのだ。(一部地域を除いて)。

   翌週から「サザエさん」に起きる変化とは。フジテレビの広報に話を聞いた。

  • 「サザエさん」(同番組HPのスクリーンショット)
    「サザエさん」(同番組HPのスクリーンショット)

「来週から聞けないのか...」

   「サザエさん」のテレビ放映が1969年に始まって以来、東芝は番組のメインスポンサーを務めてきた。経営再建に向けた経費節減策の一環で、2018年3月25日放送分をもって、スポンサーを降板した。

   同放送でも普段同様、オープニングとエンディングで「提供 TOSHIBA」とのテロップが画面に表示され、主人公・サザエさんの声で「サザエさんは東芝と、ご覧のスポンサーの提供でお送りします(した)」と流れた。視聴者にお馴染みの演出で、最終回を締めくくったのだ。

   ツイッターでは放送後、もうサザエさんのこの声も聴けなくなるなどとして、

「サザエさんは、TOSHIBAとご覧のスポンサーの提供でお送り致します~来週から聞けないのか...」
「サザエさんは東芝とご覧のスポンサーでお送りしました!聞けなくなるとかありえへん」
「サザエさんでの東芝のロゴこれにて見収め!長期にわたりお疲れ様でした!!」

と惜しむ声が相次いでいた。

   東芝は、視聴者のそんな反響をどう受け止めたのか。3月26日のJ-CASTニュースの取材に、同社の広報・IR部の担当者は「歴史的な優良番組であり、番組のスポンサーを通して、長年の間、当社のブランドイメージの定着に多大な貢献をしていただいた」と回答。その上で

「これまでの東芝のブランドイメージの形成に一定の役割を果たしたと判断している」

と説明した。

「アマゾンと~」になる?

   東芝に代わって、4月1日の放送分から番組スポンサーに加わるのは、インターネット通販大手のアマゾン・ジャパンやベビー用品専門店の西松屋チェーン、大和ハウス工業だ。次回以降の演出がどう変わるのかをめぐっては、

「amazonになったらどう変わるのか...?」
「サザエさんの『東芝と~』っていう台詞が『アマゾンと~』になるってこと!?」
「Amazonってことはサブちゃんじゃなくてネットで頼むのかもね笑」

などなど、既にツイッターでさまざまな臆測が入り乱れている。

   J-CASTニュースでは3月26日、フジテレビの企業広報室に

(1)サザエさんのセリフは「アマゾンジャパンと、ご覧のスポンサーの提供でお送りします」になるのか
(2)他にも変更点が出てくるのではないか

――など質問。担当者はファクスで

「東芝様には長年にわたり 番組を提供して頂いたことに感謝しています。なお、スポンサー契約に関するご質問、および番組制作の詳細に関するご質問にはお答えしておりません」

との回答だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中