2018年 8月 16日 (木)

有村藍里、口元コンプレックスから歯茎矯正 かわいくなったのか

印刷

   グラビアアイドルの有村藍里さんが、2018年3月28日に放送されたバラエティー番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出演し、歯茎を矯正したことを公表した。

   番組後のブログでは番組でも触れた口元へのコンプレックスについてつづり、歯茎を焼切るという施術に踏み切った際の心境も吐露した。

  • 歯茎への施術を告白(画像はインスタグラムから、一部加工)
    歯茎への施術を告白(画像はインスタグラムから、一部加工)

100万円を費やして

   今回の番組のテーマは「私たちそんなにブスですかSP」で、不細工と言われている女性芸能人が集まった。

   有村さん以外にも大久保佳代子さん、野呂佳代さん、八つ橋てまりさんらがゲストで登場し、「不本意」、「納得いかない」とこぼしながら、それぞれの「ブサイク」エピソードを語った。

   その中で、有村さんが披露したのは口元に関するエピソード。

   有村さんによると、女優の有村架純さんの姉であることが報じられて以降、妹と比較されて「ブサイク」とバッシングを受けることが増え、似ているものとして漫画「テラフォーマーズ」に出てくる人型のゴキブリや、漫画「進撃の巨人」に出てくる巨人を挙げられるなど、特に口元を指して叩かれることが多かったという。

   番組では、そうしたエピソードに触れながら、

「歯茎を削って、セラミック矯正しました」

と、18年に入ってから3か月、100万円を費やして歯茎を焼き切って矯正したことを明かし、

「ゴリラっぽいのがへこんだ」

と語った。「整形か」というツッコミに対しては「歯は矯正」と主張した。それ以前からも歯を6本抜いて矯正しており、その上での歯茎の処置だったという。

「正直怖かった」が今は「気にせずどんどん笑いたい」

   番組放送後の29日、有村さんはブログを更新し、

「裏側の歯列矯正をしてみたり、乳歯と親知らずを抜いてマウスピース矯正をしてみたりと約5年程ほどかけて試行錯誤していました。
マウスピース矯正のおかげで歯並び自体は綺麗に整っていきましたが、自分の中で1番のコンプレックスだったのはガミースマイル。
このコンプレックスで人前で思いっきり笑うことが苦手でした。
歯並びを治しても1番のコンプレックスは治らなかった...諦めるか、もう骨ごと動かすしかないのかと毎晩ネットで検索してどうしたらいいのか悩んでいました」

と、歯並びと歯茎へのコンプレックスを改めて告白。そんな中で、番組で言及した施術を知り、「正直こわかった」と内心を吐露しながら

「少しでも自分に自信がもてるようになりたかった。ただそれだけの想いです」

と、決断した際の心境をつづり、

「これからはあまり気にせずどんどん笑いたいなあと思います!」

と、笑顔の写真を添えて報告した。

   番組やブログでのコンプレックス告白に、ツイッターには

「ホントに尊敬する 抜歯1本だってツラいのに、6本も... 歯列矯正ホント痛いのよ... その上歯肉の切除... 元から可愛いのに...」
「自然体で笑顔がステキな有村藍里さんが好きになりました、歯の矯正頑張りましたね。可愛かったですよ」
「中居くんの窓何となくみてたんだけど有村藍里ちゃん可愛いし声と喋り方も好き。歯の矯正ってそこまで進化してるんだね。もっと可愛くなりたいって言葉も可愛い」
「有村藍里ちゃん好きになった。これから応援します!有村藍里ちゃんのしてきたことは全然無駄じゃない!!!ほんとに!!可愛いもん!」

と、応援のメッセージが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中