2019年 12月 15日 (日)

吉田正高さん死去、48歳 コンテンツ文化史学会会長...妻「いまだに実感が湧きません。おそらく本人も」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   学術団体「コンテンツ文化史学会」の会長で、東北芸術工科大教授の吉田正高さんが2018年3月31日、心筋梗塞で亡くなっていたことが分かった。48歳だった。

   4月3日、吉田さんのツイッターや同学会の公式サイトで発表された。

  • 吉田正高さん(写真は2008年撮影)
    吉田正高さん(写真は2008年撮影)

吉田さんの妻を名乗る投稿が...

   吉田さんのツイッターで4月3日未明、「吉田正高の妻です」との投稿があり、3月31日に心筋梗塞で急逝したと発表した。

   投稿では「あまりにはやすぎて、いまだに実感が湧きません。おそらく本人も湧いてないことでしょう」とし、

「最後に見たときは、本人の好きな漫画を布団の中で読んでました」

と告白。その上で、

「朝起きぬけに見たときも、疲れて起きてこないのかな?くらいにしか思ってなかったくらい、夜中に全く物音がしなかったので、おそらく本当に突然、そして苦しまずに逝ったと思われます」

などと書いている。

   吉田さんが会長を務める学術団体「コンテンツ文化史学会」の公式サイトでも同日未明、吉田さんの死去を発表した。

   双方の発表内容によれば、葬儀は4月8日14時から、山形県山形市清住町3丁目4‐34のセレモニーホール霞城で。喪主は、妻のイラストレーター・こさささこさん。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中