2019年 1月 19日 (土)

宇野昌磨、「メダルは噛んだ?」の質問に「何の意味があるんですか?」 さすがの返答にファン興奮

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   平昌冬期五輪フィギュアスケート男子の銀メダリスト・宇野昌磨選手(20)がまたも「天然」コメントを残したとして、ツイッターで話題になっている。

   記者から「メダルを噛んだか」との質問を受けた宇野選手は、「何の意味があるんですか?」と表情ひとつ変えず返答した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「歯が折れそうですよね」

   宇野選手は2018年4月3日、地元・名古屋で中京大学の報告会に出席した。在名テレビ局の番組では4日、この模様を報じた。

   中でもツイッターで注目を集めているのが、宇野選手の記者会見だ。朝の情報番組「ドデスカ!」(メ~テレ)で放映された内容によると、宇野選手は「本当にたくさんの人が見ている中で五輪が行われている、他の試合とは注目度が明らかに違うと感じた」とコメント。一方で「メダルを噛んだか」と聞かれると、

「何の意味があるんですか? 歯が折れそうですよね」

と答えた。

   宇野選手といえば、2月の平昌冬期五輪期間中もその「天然」発言でたびたびファンの注目を集めてきた。フリーの演技で1つめの4回転ループを失敗した時の心境を「ちょっと、もう...笑えてきました」とコメント。ファンはこんな宇野選手に「可愛い」などと興奮気味に反応した。

   そんな宇野選手が今回、またも「らしさ」全開のコメントを残したとして、ファンは「最高すぎるw」「相変わらずで何よりw」などとツイート。おまけに今回は「正論すぎてしんどいわw」「メダルは本来噛むべきものではありません 正解!」との高評価も受けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中