2018年 11月 19日 (月)

宇野昌磨、「メダルは噛んだ?」の質問に「何の意味があるんですか?」 さすがの返答にファン興奮

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   平昌冬期五輪フィギュアスケート男子の銀メダリスト・宇野昌磨選手(20)がまたも「天然」コメントを残したとして、ツイッターで話題になっている。

   記者から「メダルを噛んだか」との質問を受けた宇野選手は、「何の意味があるんですか?」と表情ひとつ変えず返答した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「歯が折れそうですよね」

   宇野選手は2018年4月3日、地元・名古屋で中京大学の報告会に出席した。在名テレビ局の番組では4日、この模様を報じた。

   中でもツイッターで注目を集めているのが、宇野選手の記者会見だ。朝の情報番組「ドデスカ!」(メ~テレ)で放映された内容によると、宇野選手は「本当にたくさんの人が見ている中で五輪が行われている、他の試合とは注目度が明らかに違うと感じた」とコメント。一方で「メダルを噛んだか」と聞かれると、

「何の意味があるんですか? 歯が折れそうですよね」

と答えた。

   宇野選手といえば、2月の平昌冬期五輪期間中もその「天然」発言でたびたびファンの注目を集めてきた。フリーの演技で1つめの4回転ループを失敗した時の心境を「ちょっと、もう...笑えてきました」とコメント。ファンはこんな宇野選手に「可愛い」などと興奮気味に反応した。

   そんな宇野選手が今回、またも「らしさ」全開のコメントを残したとして、ファンは「最高すぎるw」「相変わらずで何よりw」などとツイート。おまけに今回は「正論すぎてしんどいわw」「メダルは本来噛むべきものではありません 正解!」との高評価も受けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中