バナナマン日村「好感度」の秘密は? 結婚報道で見えた「愛される」理由

印刷

   かねて交際していたフリーアナウンサーの神田愛花さん(37)と結婚した、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀さん(45)。言わずと知れた人気芸人だが、その好感度の高さが改めて今回の結婚で浮き彫りになった。

   きっかけは、情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)の街頭インタビューだ。「あんな人でも結婚できるんだと...」など日村さんのルックスをからかうような声を紹介。SNSではこれに対し、日村さんの「かっこ良さ」を熱弁する投稿が続出したのだ。

  • レギュラー番組「日村がゆく」(AbemaTV)の公式インスタグラムから(画像はスクリーンショット)
    レギュラー番組「日村がゆく」(AbemaTV)の公式インスタグラムから(画像はスクリーンショット)

「見た目でしか判断しないのは損だな」との声が

   おかっぱ頭と二重あご、たるんだお腹...。お笑い芸人としてそんな一級品のルックスを兼ね備えているのが、バナナマンの日村さんだ。2018年4月7日、神田アナと約3年2か月の交際を経て「ゴールイン」した。

   相方の設楽統さん(44)が司会を務める9日放送の情報番組「ノンストップ」では、番組冒頭で2人の結婚を報道。街頭で若い男性数人にインタビューした映像を放映した。いずれの感想も

「『ウソだろ?』と思って...世の中の男は心配しなくてもいいんだな、と思いました」
「あんな人でも結婚できるんだ、と思いました。太っていてキノコ頭なのに...」
「勇気をもらえました」

など、日村さんのルックスに触れるものだった。

   放送後、こうした声はツイッターで注目を集めることに。日村さんの容姿を茶化していると受け止めたファンから

「世の男達 正気か!?全身ヴィトンでポルシェ乗る程の金銭力と絶え間無く芸能界で仕事貰える笑いの天才なんだぞ??そしてそもそも日村さん可愛いだろうが!」
「高所得でユーモアがあるし優しい人で優良物件なんだよなあ。本当見た目でしか判断しないのは損だな」
「日村さんはファンに突然ビンタされても笑顔で対応する良い人で、自分がいろいろされてきたからこそ、その分人に優しくできるかっこいい人なんだよ!」

と擁護するような声が続出したのだ。これもひとえにお茶の間がそれだけ日村さんに親しみを持っているからだろう。もちろんインタビューに答えた男性たちにも、悪気はなかったに違いない。

   日村さんはなぜ好かれているのか。芸能評論家の三杉武氏は11日のJ-CASTニュースの取材に、次のように説明する。

「悪く言う人が業界内にいない」

「最近の芸能界では、マツコ・デラックスさんから始まり、梅沢富美男さんに至るまで、過激な発言をする『毒舌』キャラが主流になっていますが、日村さんには、人の悪口を言っているイメージはありません。常に自虐ネタで笑いを取っている姿勢や、年下の設楽さんらに『さん』付けする謙虚さ、人柄の良さが、愛されている理由では。全般的にみて、悪く言う人が業界内にいないのですよね」

   さらに面倒見の良さも理由の1つに挙げ、「ケンドーコバヤシさんや『バイきんぐ』の小峠さんら後輩芸人と仲の良いことで知られる」と説明した。

   三杉氏によれば、日村さんはテレビ番組とラジオ番組で発言する内容を使い分けている「珍しいタイプ」。若い女性からも「キモカワ」的なキャラクターで支持を集めており、2017年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」で女性アイドルグループ「乃木坂46」とダンスでコラボした場面がその象徴だという。

「いくら乃木坂46の冠番組(乃木坂工事中(テレビ東京系))で司会を務めているとはいえ、変なことを言うと『炎上』しかねない。それでもあのように成立するのは、乃木坂のファンにも愛されている証拠でしょう」

   一方、芸能評論家の肥留間正明氏は日村さんを擁護する声に「過剰反応です」と注文を付けた。

「見るだけで笑ってしまう。これはお笑いの人たちにとって歓迎すべきことです。芸人どうしが身体的なコンプレックスを笑いのネタにするのは最低ですが、一般人や視聴者なら構わない。話題になるだけ十分でしょう」

と持論を展開。

   その上で「人生最大の晴れ舞台で、マスコミに捉えられる最大のチャンスなのですから、プライバシーを売り物にするしかありません」とし、日村さんに結婚記者会見の開催を勧めていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中