2018年 10月 15日 (月)

「佐川氏立件見送り」報道に怒る人たち 福島みずほ氏「取引があったのでは」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「今の検察、法務省はおかしい(中略)あまりに安倍政権に忖度しすぎではないか」――社民党・福島みずほ参院議員、お怒りのツイートである。

   「佐川氏 立件見送りへ」の見出しが躍ったのは、毎日新聞・2018年4月13日付朝刊1面だ。森友学園関連公文書の改ざんをめぐり、当時の財務省理財局長だった佐川宣寿氏らについて、大阪地検特捜部は立件を見送る方針を固めた、とのニュースだ。

  • 「立件見送り」報じた毎日新聞
    「立件見送り」報じた毎日新聞
  • 「取引」疑う福島氏のツイート
    「取引」疑う福島氏のツイート

「証人喚問で安倍政権を守ることと引き換えに...」

   毎日報道によれば、文書全体の趣旨が変わったわけではないことから、刑事責任を問うことは困難、と判断したとされる。

   政権に批判的な立場からは、この方針に不満の声が噴出した。毎日新聞の記事でも、立件が見送られたとはいえ「疑惑の根幹は未解明のままで、一連の問題が決着したわけではない」「職員らが忖度した疑惑は消えないままだ」と、厳しい意見を掲載している。

   野党議員はなおさらだ。特に憤懣やるかたないのは上記の福島氏で、

「全くおかしい。事実関係がまだまだ未解明のままなぜ佐川さんだけ立件見送りなのか。証人喚問できっぱり発言すれば立件しないと言う取引があったのではないかとすら疑われる」
「今の検察、法務省はおかしい。全容も明らかになっておらず疑惑追及もまだまだなのになぜ佐川さんだけ立件を見送りなのか。あまりに安倍政権に忖度しすぎではないか」
「まだまだ全容が解明になっておらずあまりに早すぎである。佐川さんが証人喚問で安倍政権を守れば、立件しないと言う取引があったのではないか」
「本当におかしい。事実究明がまだなされていないのに立件見送りだけなぜ決めるのか。証人喚問で安倍政権を守ることと引き換えに立件見送りの取引があったのではないか」

と13日朝から4度にわたりツイート、証人喚問での答弁内容と引き換えに立件を見送る「取引」があったのでは、との疑惑を繰り返し主張した。

   民進党の大塚耕平代表もやはりツイッターで、

「あのような公文書改竄、詐欺取引、虚偽答弁が許されるのであれば、何をやっても許される。国全体のモラルダウンは必至。地検は何のために存在しているのか」

と大阪地検を批判する。

テレ朝・玉川氏「国民の軽蔑の目にさらされながら...」

   13日の「モーニングショー」(テレビ朝日系)でも、コメンテーターの玉川徹氏(テレビ朝日解説委員)が、

「佐川さんこれ(立件見送り)でね、『よかったよかった』じゃないと思いますよ。僕は官僚としては――公務員として公僕として、最もやっちゃいけないことをやった官僚だと思います。国民の軽蔑の目にこれからさらされながら生きていく、という風に考えてほしい」

と、厳しい口調で切り捨てた。

   大阪地検に対しては、無所属の会・江田憲司衆院議員が「大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる」「今のところ、特捜部は『やる気』みたいだが(中略)どこまで貫けるか!?頑張れ!」とツイートするなど(4日、その後批判を受けて発言内容を訂正)、野党側からも「エール」が送られていた。

   ツイッターでは「許せない」「再喚問を」などといった声も相次ぐ中、冷ややかな反応も目立つ。

「まあそりゃそうだろうよ。元より無理筋なんだから」
「佐川さんの不起訴は予想通り。野党は新聞報道の追っかけやってないで致命傷を与える ことの出来る一点に絞って追求しないと毎日違うこと質問している間に逃げられてしまう」
「これまで佐川氏を罪人扱いして叩きまくった野党マスコミはどう責任とるのか?個人を著しく縛る証人喚問で公衆の面前に晒したのに何も成果は無かった。証人喚問した事で人生壊れる人もいるのに野党は打倒安倍の為、与党は自己保身で証人喚問乱発。成果が上がらなかった場合立法府も相応の責任を負うべき」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...