2019年 8月 20日 (火)

日野とVW、商用車で提携 トヨタの殻を破らねばならない理由

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日野自動車と独フォルクスワーゲン(VW)が、トラック、バスなどの商用車分野で包括提携に向けて本格協議に入った。2018年4月12日発表した。

   自動運転や電動化などの技術分野のほか、販売や調達といった幅広い分野で協力関係の構築を目指す。日野の親会社であるトヨタ自動車とVWは、乗用車では年間約1000万台を販売し、首位争いを演じているライバルだが、商用車はそれぞれ十数万台にとどまる。相互補完し、首位の独ダイムラーや台頭する中国勢を追いかけたい考えだ。

  • 日野自動車社長の下氏(左)とVWトラック&バスCEOのレンシュラー氏(右)
    日野自動車社長の下氏(左)とVWトラック&バスCEOのレンシュラー氏(右)

グローバル市場での地位を高める

   発表によると、
▽物流 /交通に関わるソリューション調査
▽既存・将来技術
▽調達
などの領域で協力関係を構築するため検討していくことで合意した。

   具体的な技術分野には
▽ディーゼルエンジン
▽ハイブリッド
▽電動化
▽コネクティビティー
▽自動運転システム
▽eモビリティー
などが含まれる。包括提携により、グローバルマーケットでのポジションを高める。

   日野とVWの商用車部門であるVWトラック&バスは、最高経営責任者(CEO)や役員クラスで構成するアライアンス委員会を立ち上げ、長期的かつ対等な協力関係を築く。日野の下義生社長が就任した2017年6月以降、水面下で交渉していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中