2018年 11月 18日 (日)

衣笠さん「最後の解説」舞台裏 共演の槙原寛己氏「終わった後に『ありがとう』と握手を...」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   元プロ野球選手で野球解説者の槙原寛己さんが、2018年4月24日、「ゴゴスマ」(CBC系)に電話で生出演し、同日に訃報が報じられた野球解説者の衣笠祥雄さんについて、19日に共に実況した際の印象や、その人柄に触れながら語った。

   また、衣笠さんの訃報の衝撃は元野球選手らにも伝わり、元広島の北別府学さんや元中日の愛甲猛さんはそれぞれ動揺を隠せない様子でSNSなどでコメントを出している。

  • 衣笠さん最後の解説の舞台裏(画像はイメージ)
    衣笠さん最後の解説の舞台裏(画像はイメージ)

1月までは元気そうだったが...数年前から不調続く

   視聴者にも「変調」がはっきりと見て取れた、19日のBS-TBSでの出演。

   衣笠さんの最後の仕事を支えた槙原寛己さんが、24日に放送された「ゴゴスマ」に出演し、19日に共に解説を務めた際の衣笠さんの様子について、

「解説の日の体調が思わしくなくて、声が出なかったんですよ。いろいろ喋りたいんですけど喋れないというもどかしさを横で感じていた」

と振り返った。当日、槙原さんは本来、当番ではなかったが、衣笠さんの体調が思わしくないための急遽出演だったといい、

「終わった後に『今日はありがとう』と言ってアナウンサーや僕らと握手をして、申し訳なくなるくらいの『ありがとう』を言っていただけました」

と、最後の共演について語った。

   また、槙原さんは、衣笠さんの人柄について

「非常に野球の現場が好きな方だった。中継があるから、と来られてたと思うんです」
「偉ぶることなく、いろんなことを教えてくれました。非常に物腰の柔らかいしゃべり。これは解説でもプライベートでも同じでした」

と話した。

   槙原さんによると、衣笠さんの体調については、数年前から思わしくない状態が続いていたものの、1月に解説者で新年会を開催した際は体調の悪さを感じさせない様子だったのだが、19日の対面の際は、「非常に痩せていた」ことが印象的だったという。

「ひるおび!」高畑アナ、涙をこらえて...

   鉄人の訃報は大きな衝撃となり、24日の「ひるおび!」(TBS系)では高畑百合子アナウンサーが涙をこらえた様子でニュースを読み上げた。

   また、現役時代は広島で衣笠さんとともにプレーし、引退後は野球評論家として活動している北別府学さんは、

「実は午前中打合せの最中からもしかしたらという知らせが入っていました。今ニュース速報でも流れましたが、衣笠祥雄さんが亡くなられました。言葉もありません。
衣笠祥雄さんとの思い出は沢山ありすぎるくらいです。
すいません、まだ信じられなくて何も書けません。気が動転しています」

   と、動揺を隠せない様子でブログを更新し、元プロ野球選手の愛甲猛さんはツイッターで

「嘘でしょ・・ 全然届かなかったけど衣笠さんのフルイニング出場記録を目指して頑張って試合出てたんだよな・・本当に残念です。心より御冥福を御祈り致します。  合掌」

と投稿し、突然の死を悼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中