2020年 1月 22日 (水)

伊藤忠、ユニファミマ子会社化の狙いは? セブンに迫れるか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

商社の子会社だからといって「成果はみえにくい」

   セブン独走の最大の理由は、弁当やパン、店内調理の総菜などの商品開発力で圧倒的にリードしているからだといわれている。その商品開発力は、商社の子会社になったから磨かれるわけではない。

   伊藤忠の鈴木善久社長兼最高執行責任者(COO)は記者会見で「小売りの展開はプロに任せるが、デジタル化の推進や周辺事業は様々な形で協業する」と語った。コンビニで商品を売るという「本業」部分ではなく、「周辺」部分を進化させ、本業を補おうというわけだ。

   ネットや金融との融合という観点では、王者セブンといえど、確たるビジネスモデルがあるわけではない。ここに伊藤忠がセブンを攻略するポイントがあるかもしれない。新事業の創出は、総合商社の得意分野だ。伊藤忠が自らのネットワークを生かし、自らの責任で新たなビジネスモデルを築ければ、セブンに追いつくのも夢ではない。

   もっとも、コンビニが商社の子会社になったところで、直ちに効果があるわけではない。2017年2月に三菱商事がローソンを子会社化したが、「子会社化の成果がみえにくい」との声もささやかれる。

   三菱商事をライバル視する伊藤忠はどうか。ファミマは消費者ではなく、親会社の方をみて商売し、結局うまくいかないのではないか――。そんな懸念もぬぐえない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中