2018年 5月 22日 (火)

世界最高齢のクモ、ハチに刺され死ぬ 43歳

印刷

   世界最高齢として知られてきたグモが43歳で死んだ。オーストラリアのカーティン大学の研究者グループが2018年4月27日、発表した。

   死亡したのは「ナンバー16」と呼ばれるメスのトタテグモで、1974年に西オーストラリア州で発見されてから43年間、研究者グループによって観察が続けられてきた。スズメバチに刺されたのが原因だとみられている。

   記録されているそれまでの最高齢のクモはメキシコで見つかった28歳のタランチュラで、それを大きく塗り替えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中