2019年 1月 19日 (土)

ヒカキン「会社員4年で牛丼が初の外食」 ブログと矛盾と指摘され釈明

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ユーチューバーのヒカキンさん(29)が、会社員時代の4年間で節約に努め、最後に食べた牛丼が初の外食だったと、インタビューで明かした。

   しかし、ブログの内容と矛盾すると指摘され、ツイッター上で事情を説明した。

  • ヒカキンさん(2017年撮影)
    ヒカキンさん(2017年撮影)

貯金のため、社食で200円の定食を食べ続け

   ヒカキンさんは、SMBC日興証券が運営する投資情報サイト「フロッギー」のインタビューで、これまでの歩みを振り返っており、トレンド情報サイト「新R25」でも、2018年5月3日にその一部が転載された。

   そこでは、高校卒業後に東京都内のスーパーに就職した後のストイックな生活ぶりが紹介されている。インタビューによると、ヒカキンさんは、将来に備えて貯金を始めたが、初任給は13万円くらいで、1年目は10万円を貯めるのが精いっぱいだった。

   朝食は、コンビニの肉まん1個で済ませ、昼・夕食は、社食で一番安い200円の定食をひたすら食べ続けた。休日は、業務用のそばを買って、1食分ずつゆでて食べるなどし、遊びもコンパもお金がかかると行かなかったという。

   その成果で、会社員2年目には、100万円の貯金を達成できた。その後、ユーチューバーとして成功し、12年1月に会社を辞めた。その前に一度だけ、奮発して300円ちょっとの牛丼を昼食に食べたが、「4年間働いて、最初で最後の外食」だったという。「ああ、みんなは外でこんな美味しいもの食べてたのかって、衝撃を受けました(笑)。あの味は、今も忘れられません」と振り返っている。

「インタビューに書いてある話は出勤日の話」

   ヒカキンさんの告白は、ツイッター上などで反響を集め、「牛丼の話、何度読んでもグッときますね」「人間の差を感じた」「あー自分まだまだいけるわ」などと感心する声が次々に寄せられた。

   その一方で、ヒカキンさんがブログで書いていた内容と違うとの指摘も出た。

 

   ヒカキンさんが節約していたことは書かれていたものの、ブログでは、会社員4年間の中で、度々外食したことがつづられていた。

 

   2009年12月14日には、390円のカツカレーを店で食べたことを報告し、10年3月6日は、寿司店に行ったとして、テーブルの上に13皿ほど積み上げ、「マグロ、サーモン イカ、ネギトロ お腹いっぱい」と書いていた。このほかにも、つけ麺、油そば、焼肉を食べたとの記述があり、お酒も飲んでいたようだ。

 

   ツイッター上での指摘に対し、ヒカキンさんは5月4日、ブログとの矛盾についてこうツイートで説明した。

 

   「インタビューに書いてある話は出勤日の話」だとして、「休日でたまにご褒美でラーメンなども食べてましたね」と明かした。しかし、「2年目で100万円の貯金も事実ですし、基本嘘つく勇気が無いので話をそこまで誇張したりはしない主義です」と言っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中