2018年 6月 21日 (木)

いしだ壱成がツイッターで「大立ち回り」 激怒、懇願、口論...「乗っ取り」疑う声まで

印刷

   「クソガキが。覚悟あんの?」「妻をいじめるのはやめて下さい!!」「ネットのモラルは一体何処へ行ってしまったのでしょう」――。これらの言葉はすべて、俳優のいしだ壱成さん(43)が同じ日にツイートしたものだ。

   いしださんは2018年5月5日朝、自らの頭髪を揶揄するリプライ(返信)に突如としてブチ切れ。これを皮切りに、妻への中傷を止めるよう懇願したり、一般ユーザーと激しい口論を交わしたりなど、ツイッター上で「大立ち回り」を見せ始めたのだ。

  • いしだ壱成さんと飯村貴子さん(画像は飯村さんのInstagramより)
    いしだ壱成さんと飯村貴子さん(画像は飯村さんのInstagramより)

頭髪いじりに激怒「覚悟しとけや。死ぬよ?」

   いしださんは5月4日のツイッターで、「まぢウチのヨメ寝顔ヤバイ」などとして、妻で女優の飯村貴子さん(19)の写真をアップ。新幹線の車中で眠る飯村さんの姿を撮影した一枚だ。

   このツイートには、ある一般ユーザーが、

「お前の髪の方がやばいわ」

とのリプライを送っていた。車窓に映ったいしださんの姿を揶揄した投稿とみられる。

   これに、いしださん本人が翌5日朝になって反応。「言霊って日本語知ってる?コトダマ。オマエ禿げてんの?いい加減にしろや若造が」と切り出し、

「だからコトダマって知ってんのかって聴いてんだよクソガキが。覚悟あんの?俺もうオマエ不適切極まりないから通報しといたわ今。覚悟しとけや。死ぬよ?」

と突如として激怒した。こうした投稿に対し、言葉づかいを改めるよう訴えるユーザーが現れると、いしださんは「トーシロは黙ってろや」「不快なら見なきゃいい」などと返信していた。

   その後、いしださんは同日夕に「もうストレスを見ず知らずの人にぶつけまくるのやめませんか」と提言。その上で、「どうしてネット上はこんなにもストレスフルなのでしょう」「日本語をマトモに理解していない人が多すぎます」などとも呟いていた。

「みんな。ヒステリックすぎますよー」

   いしださんは、妻の飯村さんに中傷コメントが寄せられているとして、「妻を袋叩きにして愉しんでいる方々へ、今一度、言いますね。私の妻はもうすぐ臨月を迎える妊婦です」と忠告。その上で、

「あーもうだめだ妻が今夜も泣いている。理不尽な罵詈雑言を浴びせられた果てに。日本人は日本語を知らなさすぎる。お願いだから、理不尽極まり無く妻をいじめるのはやめて下さい!!僕たち夫婦があなたに何をしましたか?なんの怨みがあるの?」

ともつづっていた。いしださんの投稿などによれば、日本と中国のハーフだという飯村さんの国籍をめぐって、人種差別的なコメントを送るユーザーが出ていたという。

   さらにいしださんは、「いちいち反応してたらキリが無い」「今は2人とお腹の子との時間を大切に使うことをオススメする」とのアドバイスを送ったユーザーに対しても、

「ごめん、黙ってて。こっちは1年近く戦ってんの」

とピシャリ。そのほかにも、自らに否定的なコメントを送ったユーザーに対し、個々に批判のツイートを返していた。

   その後、いしださんは6日未明になって、

「みなさま、冷静になりました。ヨメさんが止めてくれました。子どもが悲しむよって」
「もう、この話題で叩きあうのはやめましょう」
「大丈夫じゃないねみんな。ヒステリックすぎますよー」

などと宣言。しかし、その30分後にはツイッター上での口論を再開していた。

   その後、いしださんは「みんな寝ようぜ?おまえら荒らし屋連合艦隊のおかげで俺とヨメさまメンタルだいぶきてっから」と投稿。その上で、ネットユーザーと夫妻を示したものか「ギャグだわ10000人vs2人笑」とも呟き、この晩のツイートを終えていた。

「奥さんが心配だよね」

   いしださんの一連の投稿を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「いしだ壱成大丈夫なのか、なにかあったのか」
「奥さんが心配だよね...芸能人との結婚、未成年ではじめての妊娠、普通より不安なことだらけなのに、いしだ壱成しっかりして!って思う...」
「いしだ壱成ヤバいな。煽り耐性ゼロや。ネットやらない方がいい人だ」

   といった困惑や心配の声が続出。そのほか、「ツイッター乗っ取られてない?」と疑うユーザーも出ていた。

   なお、いしださんはツイッターで多くのユーザーと口論を交わす前日の深夜、香川・高松のクラブにDJとして出演したことを報告していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中