2018年 5月 21日 (月)

絵本作家の加古里子さん死去、92歳 「だるまちゃん」ファンら涙

印刷

   50年以上にわたり親しまれている「だるまちゃん」シリーズなどで知られる絵本作家で児童文化研究家の加古里子(かこ・さとし、本名・中島哲)さんが2018年5月2日、亡くなった。92歳だった。加古さんの公式サイトが7日、公表した。各メディアによると、慢性腎不全だった。

   訃報のニュースが流れると、ツイッターには、加古さんの作品について「大好きでした」「たくさん読んだなぁ」といった感想や、追悼のコメントが相次いで寄せられた。

  • 加古里子さんには、こんな絵本作品も(撮影・J-CASTニュース)
    加古里子さんには、こんな絵本作品も(撮影・J-CASTニュース)

子供に紙芝居を見せる活動

   福井県の現・越前市生まれ。東京大学工学部を卒業後、昭和電工に勤めながら川崎市などでセツルメント活動(社会運動)に携わり、地域の子供たちに自作の紙芝居を見せていた。30歳を超え、1959年に『だむのおじさんたち』で絵本作家デビュー。昭和電工の中央研究所で部長職だった1973年に退職し、創作や児童文化の研究に専念した。

 

   代表作のひとつ「だるまちゃん」シリーズは、第1作『だるまちゃんとてんぐちゃん』(1967年)がミリオンセラーになって以降、50年以上にわたり親しまれ、2018年1月にも『だるまちゃんとかまどんちゃん』など新作3冊が同時発売されたばかりだった。絵本以外の関連書籍も含め、シリーズ本は十数冊に及ぶ。

 

   他に『からすのパンやさん』(1973年)や、科学をテーマにした科学絵本などでも知られ、公式サイトによると、作品は「600点余」にのぼる。

「今度は息子に読ませようっと」

   2008年に菊池寛賞、09年に日本化学会特別功労賞、そして17年には巌谷小波文芸賞を受賞した。

 

   加古さんは、1973年の昭和電工退職について、90年6月12日の朝日新聞夕刊記事で、「子供だけの世界で教育の落ち穂拾いをしてきたが、定年までいると時間が足りない」と考えた、と当時を振り返っていた。

 

   今回、加古さんの訃報が報じられると、ツイッターには

「特に、だるまちゃんシリーズが大好きでした。謹んで哀悼の意を表します」
「たくさん読んだなぁ。すごい好きだった。(略)今度は息子に読ませようっと」
「何か涙出てくる。かこさとしさんの絵本で育った身としてはツライわ」

といった声が相次いで寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中