2018年 5月 23日 (水)

「欅坂46のみんなに謝罪してください」 キンタロー。ものまね披露で大ヒンシュク

印刷

   「ネットがめちゃくちゃ荒れていて、、涙 びっくりしました」――お笑いタレントのキンタロー。さん(36)が、こう嘆く。

   披露したものまねが「ふざけるにも程があります」「本当にやめてください」などと、ひんしゅくを買っているためだ。

  • 番組では愛嬌たっぷりの顔芸も披露した。キンタロー。さんの公式ブログでも、その様子が紹介されている
    番組では愛嬌たっぷりの顔芸も披露した。キンタロー。さんの公式ブログでも、その様子が紹介されている

愛嬌たっぷりの顔芸披露も...

   キンタロー。さんは、所属事務所の松竹芸能が結成した女性芸人ユニット「SBK48(松竹ブサイク48)」の選抜メンバーから構成されるチーム「松木坂46」の一員だ。その松木坂46は、2018年5月11日放送のバラエティ番組「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ系)に出演し、アイドルグループ「欅坂46」に扮して代表曲を歌った。

   物議をかもしているのは、キンタロー。さんが披露した、欅坂46・平手友梨奈さん(16)のものまね(?)だ。平手さんを意識してか、軽快なダンスの合間に愛嬌たっぷりの顔芸をはさみ、笑いを誘った。

   放送終了後、ツイッターでは視聴者から、

「笑いました(≧▽≦)」
「欅坂の名を世間により広めてくれてありがとうございます!ファンとしてこれ以上嬉しいこと無いです」

などと好意的な声が寄せられた一方、

「欅坂46のみんなに謝罪してください。ふざけるにも程があります。少し嫌な気持ちになりました」

「平手を、欅を侮辱してるようにしか見えない。踊ってる途中に顔芸とかまじいらないから。不愉快だわ、こんなの」

などと批判も少なくなかった。

「結構忠実にやったつもりだったのですが、、」

   キンタロー。さんは12日、「荒れた、、涙」と題したブログを更新。批判的な意見は予想外だったようで、

「ものまね紅白歌合戦ありがとうございました 一生懸命やったんですがネットがめちゃくちゃ荒れていて、、涙びっくりしました。実は、結構忠実にやったつもりだったのですが、、」

と慌てた様子。

「少しでも少しでも多くの人が喜んでくれるように!楽しんでいただけるように、、これからも精進していきますので(><)お許しくださいませ 皆さんの楽しい団欒を彩る役目が出来る様に頑張りますので宜しくお願いします」

と誓った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中