2019年 12月 12日 (木)

「犯人はK」「まだ近くに...」 新潟事件、逮捕6日前にネットで「謎の縦読み」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ネットで憶測「本人?」「近隣住民?」

   さらにこのユーザーは、同じスレッドに「早くしないと、早くしないと。まだ近くにいるうちに」とも投稿。そして、次のような書き込みを最後に寄せていた(カギカッコは編集部で追加)。

「駐(ち)車場。
車(くる)。
無(な)念。

夜(よ)。
なぜ」

   こうした一連の書き込みについて、他のユーザーから寄せられた反応は数件のみ。ほとんど注目は集めていなかったが、一部では「なんで他人の子供の事にそんなに悲しめるの?」「黒いオーラ感じる」と疑問視する声もあった。

   それから6日後。小林容疑者が死体遺棄と死体損壊の疑いで逮捕されたことが14日深夜に報じられると、先述した「犯人はK」「まだ近くにいる」などの縦読みはにわかに注目を集めることになった。

   イニシャルが一致していることや、容疑者の自宅が遺棄現場から70メートルほどの距離にあることなどの「共通点」から、ネット上に「怖すぎる」「何か知ってたんやろな」との反応が相次いでいるのだ。

   ツイッターやネット掲示板では、「こんなあやふやなのは愉快犯だろ」「Kから始まる名前なんていくらでもいる」と冷静に捉える意見も目立つ。一方で、投稿者は事件の関係者ではないかとして、

「近所じゃ噂になってたのかな」
「警察の捜査線上に上がっててその関連で知った奴からの面白半分の書き込みなんだろう」

   との書き込みも。また、最後に「チクるなよ」とも読める書き込みをしていたことから、小林容疑者が面白半分に投稿していたのではないか、と憶測するユーザーも出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中