2018年 7月 20日 (金)

「ぶすに人権はない」発言の人気モデル夏目雄大 事務所が「お詫び」

印刷

   モデルの夏目雄大さん(21)が不適切な発言をしていた問題で、所属事務所「オムニア」(東京都渋谷区)は2018年5月12日、公式サイトに謝罪文を掲載した。

   夏目さんをめぐっては、過去に「ぶすに人権はない」などと差別的な内容のツイートをしていたとみられ、物議を醸していた。

  • 所属事務所の公式サイトより
    所属事務所の公式サイトより

女性蔑視に人種差別

   夏目さんは、雑誌『Seventeen』(集英社)や『HR』(グラフィティ)などのモデルとして活躍。若い女性を中心に人気がある。最近では、舞台「あんさんぶるスターズ!」シリーズに天満光役で出演するなど、俳優としても頭角を現していた。

   問題となったのは、夏目さんが2013年ごろに投稿していたとみられるツイートだ。

「ぶすに人権はない」
「乙武さんと握手してサッカーしたい」
「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」
「韓国人と中国人は見下している」

などと綴った投稿のキャプチャー写真が拡散され、ファンらから、

「女性蔑視に人種差別。妊婦さんに対して酷いことも言ってる。ありえない。最低」 「がっかりです。あんステ/あんスタに迷惑かけないで欲しいのでキャスト変更を望みます...」

などと非難が集中。複数のネットメディアも取り上げるなど、いわゆる炎上状態となった。

   しかし、批判一色ではなく、

「違うよね?しかも5年前くらいのツイートでしょ...今更攻撃する必要ないじゃん」 「夏目雄大くんのツイート炎上してるけどさ、それ彼が当時16歳の時のツイートじゃん。まだ素人だから、許されるってわけじゃないけど、若気の至りだったと思うよ」 「夏目くん本人がやったんじゃなくて誰か他の人がなりすましでやったんじゃないの...??」

と擁護する向きも少なくなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中