2018年 5月 24日 (木)

日大アメフトOB「会見して真実を」 監督に「矜持示して」と注文

印刷

   アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大選手による悪質な反則行為があった問題は、ますます混迷の度合いを深めている。

   ある日大アメフト部OBは「監督、コーチから『相手のクォーターバック(QB)を壊せ』との指示があった」と関係者から聞いたと発言。他にも、監督らの指示が「あったと思う」との証言は出ているが、日大側は「事実ではない」とこれを否定している。

  • 監督の指示だったのか、それとも…?(関西学院大学提供)
    監督の指示だったのか、それとも…?(関西学院大学提供)

「『相手のQBを壊せ』そういう指示があったと」

「私が関係者から聞いた話では、事前に監督、コーチから、当該の選手が『相手のQBを壊せ』と、そういう指示があったと」

   2018年5月16日放送の情報番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、日大アメフト部OBで共同通信記者の宍戸博昭氏はそう語った。関学のQBに悪質なタックルをした日大の選手が、監督から事前に「壊せ」すなわち「ケガをさせろ」との指示を受けていたという。

   番組では、別の日大アメフト部関係者にも取材。同選手はその関係者に「監督から試合前に『ワンシリーズ(編注:攻守が入れ替わるまでの攻撃権)で相手のQBを壊して来い』と指示されていたから、やってしまった」などと打ち明け、「そうしないと試合に出られないと思った」と話していたという。

   なぜその選手は、試合に出られないと思ったのか。真相は定かでないが、宍戸氏は関係者から聞いた話として「最近ある意味『干されていた』状況の選手にそういう指示を出して奮起を促した」と説明。「当該の選手だけじゃなくて(他の人も)聞いていたという話もあります」とも語った。

   さらに、部のOBとしては「名門チームの監督としての矜持、それを示していただきたい。公の場で記者会見をして、真実を語っていただきたい」と訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中