2018年 5月 22日 (火)

女優の星由里子さんが死去 「若大将」シリーズのヒロイン

印刷

   女優の星由里子さんが2018年5月16日23時5分に、心房細動と肺がんのため京都市の病院で亡くなった。74歳だった。2018年5月18日に、星さんの所属する東宝芸能から発表された。

   星さんは、1958年にミス・シンデレラ娘で優勝し、翌年に映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。加山雄三さん主演の若大将シリーズで、加山さんの恋人を演じ人気を確立した。また、テレビドラマにも数多く出演し、1973年にTBS系列で放送された「風の中のあいつ」では菊代役を好演したほか、近年では「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演していた。

   葬儀は近親者のみで営まれ、後日お別れの会を開く予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中