2019年 10月 18日 (金)

日大アメフト会見、メディアが「仮定」持ち出し質問、弁護士に止められる場面も

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   関西学院大学の選手に危険なタックルを行って負傷させた問題で、日本大学の宮川泰介選手(20)が謝罪会見を開き、反則行為の指示などについて詳細に語ったが、その後のメディアの質問について批判の声が次々と上がっている。

   なかには、「仮定の話」をあげての質問まで登場し、弁護士に止められる場面もあった。

  • 記者の質問内容にネットで批判の声(18年5月22日撮影)
    記者の質問内容にネットで批判の声(18年5月22日撮影)

監督陣への言及を引き出そうと同じような質問を繰り返す

   会見が行われたのは22日午後からの約1時間で、後半の30分ほどが記者の質問時間に割かれた。

   メディア側からは、監督・コーチへの責任についての質問が繰り返されたが、宮川選手は陳述書の読み上げから一貫して、指示があったとはいえ、自身で「やらない」という判断をせずに実行したことへの責任を口にし、指示をした監督・コーチへの質問に関しては「答える立場でない」として回答を避け続けた。

   ネットでは、監督陣への言及を引き出そうと同じような質問を繰り返すメディアの姿に、

「誘導尋問的な質問やめればいいのに。監督が悪いって言わせたかったのが滲みでてる」
「事前に用意したストーリーを紡ぐ糸を引き出そうとする記者からの質問のお粗末さが目立った」
「ただ会見の質問者の質問が、監督を叩きたくて仕方ないのが見え見え」

などと批判が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中