2019年 12月 5日 (木)

安住紳一郎、自殺の川田亜子アナに「涙の懺悔」 「突き放してしまった」...番組中に嗚咽

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「本当に後悔しています」「どんな謝罪をもっても許されない」――。ラジオの生放送中に嗚咽し、涙に声を震わせながらこう語ったのは、TBSの安住紳一郎アナウンサー(44)だ。

   2018年5月27日放送の「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)。この番組で安住さんは、10年前に自殺した元TBSアナの川田亜子さんについて、「友人とか家族の別れとは、また違いまして...」と重々しい口調で切り出した。

  • 安住紳一郎さん(画像はTBS公式サイトより)
    安住紳一郎さん(画像はTBS公式サイトより)

「すみません、ちょっと待ってください」

   人気アナウンサーとして活躍していた川田さんは08年5月25日、自宅近くの路上に停めた車の中で練炭自殺した。29歳だった。彼女は02年にTBSへ入社し、07年3月にフリー転身。先輩にあたる安住さんとは、5年にわたって職場を共にしていた。

   今回のラジオで安住さんは、仕事論をめぐって対立していた元同僚の田中みな実アナ(現在はフリー)と「お煎餅」をきっかけに仲直りした、という微笑ましいエピソードを披露。さらに続けて、

「内輪の話をもう1つ、恐縮なんですけども...。もう1人後輩の話をしたいと思います」

と切り出した。和やかだった番組の雰囲気が一変したのは、この直後だった。

   そのまま9秒間、出演者全員が突如として黙り込み、軽快なBGMだけが流れ続けたのだ。ようやく口を開いた安住さんは、涙声で「すみません、ちょっと待ってください」と振り絞るように一言。そして、

「川田亜子って女性アナウンサーが、私の後輩におりまして。ちょうど、一昨日で亡くなってから10年で。友人とか家族の別れとは、また違いまして...。あの、本当に、もう少し何かできたんじゃないかなと、変わらずにずっと考えています...」

との思いを口にしたのだ。発言の最中には、「ウッ」という嗚咽を漏らす場面が何度もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中