2018年 8月 20日 (月)

「二度目の人生を異世界で」出版社が謝罪声明 作中表現、作者ツイート受け...原作書籍も「慎重な対応」行う

印刷

   ライトノベル作品『二度目の人生を異世界で』を出版するホビージャパンが2018年6月6日、作品の一部表現について「多くの方々の心情を害している実情を重く受け止めております」などと声明を発表した。

   同作品をめぐっては、アニメの出演声優が続々と降板を発表する異例の事態となっていた。

  • ホビージャパンの声明(画像はスクリーンショット)
    ホビージャパンの声明(画像はスクリーンショット)

ツイートは「不適切な内容であった」

   ホビージャパンは18年6月6日、『二度目の人生を異世界で』について「HJノベルス『二度目の人生を異世界で』に関しまして」と題する声明を発表。

「株式会社ホビージャパンは、HJノベルス『二度目の人生を異世界で』に関しまして、作品中の一部の表現が多くの方々の心情を害している実情を重く受け止めております」

と見解を示した。

   さらに「作品の内容とは切り分けるべき事項ではありますが」と前置きした上で、

「著者が過去に発信したツイートは不適切な内容であったと認識しております」

と説明。原作書籍の取り扱いについて「慎重な対応をおこなってまいります」と今後の方針を示し、

「ご不快な思いをされた読者をはじめすべての皆様にお詫び申し上げます。ならびに書店、流通の皆様、作品にかかわる関係各位におかれましては、多大なるご迷惑をおかけします事をお詫び申し上げます」

とお詫びした。

   『二度目の人生を異世界で』をめぐっては、10月放送予定のアニメで主役級の声優を務める増田俊樹さん、安野希世乃さん、中島愛さん、山下七海さんが6月6日、相次いで降板を発表していた。

   背景にあるとみられているのが、原作小説の内容が18年5月のアニメ化決定後、中国のネットユーザーを中心に物議を醸していたことだ。主人公の剣客が物語の設定上、中国を侵略し多数の人民を虐殺した日本軍兵士であることを暗示させるとして、中国メディアで報道。さらに作者のまいんさんの過去のツイートが日本のネット上でも「ヘイトスピーチ」とされ、炎上騒ぎに発展していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中