2018年 8月 20日 (月)

しまむらに正念場 立ちはだかる「壁」

印刷

   衣料品チェーンしまむらの株価が低調だ。足元の業績が振るわないため2018年5月24日に一時、1万1500円と1年9か月ぶりの安値をつけた。その後も反転上昇へのきっかけがつかめず、6月1日には一時、1万830円まで下げた。かつての「デフレの優等生」は正念場を迎えているのか。

   5月24日、しまむらの株価が急落した材料は、前日に発表された5月度の売上高速報(しまむらは毎月23日に「度」をつけてグループ3チェーン別の売上高速報を発表)。主力である「ファッションセンターしまむら」の既存店売上高は前年同期比7.7%減と大きく落ち込んだ。

  • 立ちはだかる「壁」とは?(画像はイメージ)
    立ちはだかる「壁」とは?(画像はイメージ)

5月度は「夏物の販売が伸び悩んだ」

   しまむらは「ゴールデンウイーク以降の寒波による大雨や低温により、夏物の販売が伸び悩んだ」と説明している。5月については、「ユニクロ」の国内店舗も4か月ぶりに既存店売上高が前年割れとなった。やはり雨続きに肌寒さが重なり、夏物商品の売れ行きが鈍ったわけだが、減少率は2.7%で、「ファッションセンターしまむら」の落ち込みは、より大きい。

   もっとも、カジュアル衣料品チェーン「マックハウス」の5月の既存店売上高が16.3%減なので、しまむらだけが苦境にあるというわけではない。ただ、しまむらは2019年2月期連結決算の業績予想を売上高は前期比4.0%増の5875億円、純利益を17.8%増の350億円と見込んでいる。これに投資家から疑問の目が向けられていることが株価を軟調にしていると言える。実際、5月23日の速報発表以降、みずほ証券やドイツ証券などいくつかの証券会社がしまむらの目標株価を引き下げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中