2019年 12月 13日 (金)

鉄腕DASHで「これ以上、メンバーが減っては困る」 「山口達也」想起ネタ?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「これ以上、メンバーが減っては困る」。2018年6月24日放送のバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、TOKIOメンバーに言及するそんなナレーションが流れたとして、ネットで話題になっている。

   番組では、人気企画「DASH島」の続編を放送。反射炉の建設計画で、雨よけを作る作業に、メンバーが苦戦を強いられていた。

  • 日本テレビ
    日本テレビ

「番線のプロはもういない」

   DASH島では、城島茂さんと国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんのメンバー4人と番組スタッフが反射炉計画を進めていた。3か月で4000ものレンガを積み上げ、反射炉の土台となるアーチ部分を建設。その上に雨よけのトタン屋根をかぶせ、丸太の柱と石で固定した。

   今回の放送では、そのアーチ部分にレンガをドーム状で積み上げるため、丸太の柱を継ぎ足し、高い場所でトタン屋根を固定することになった。

   長身の松岡さんと長瀬さん、スタッフ2人で柱を持ち上げ、国分さんが反対側の支点を押さえる。城島さんがその間、2本の柱に工具のシノで太い針金(番線)を締め付けていく――。

   だが、この作業は「棟梁」と呼ばれた元TOKIO・山口達也さんが得意としていた。城島さんも懸命に固定しようとするが、柱との間にすき間ができ、うまくいかない。

   番組のナレーションが「番線もグループも締めるのは、リーダーの仕事」と話す中、ツイッターなどインターネット上では

「鉄腕DASH、番線といえば山口君だったよなー」
「ああっ...番線のプロはもういない」
「番線を見て思い出すのは一番上手かったあの人」

と、山口さんを懐かしむような声が続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中