2018年 7月 19日 (木)

悪質「偽HIKAKIN」に事務所苦慮 プレゼントかたり5万RT、個人情報狙う?

印刷

   ユーチューバーのHIKAKINさん(29)をかたる偽ツイッターが、iTunesカードなどをプレゼントすると告知し、物議を醸している。

   5万件以上もリツイートされる事態になっており、HIKAKINさん側も、困惑を隠せない様子だ。

  • HIKAKINさんをかたる偽ツイート
    HIKAKINさんをかたる偽ツイート

本物をそっくりマネ、1万5000フォロワー

   偽アカウントは、HIKAKINさんの顔写真なども含め、まったくそっくりな作りだ。2016年10月の登録となっており、本物のHIKAKINさんのツイートを写真なども含め、コピーして大量に更新し続けている。

   18年6月24日のツイートでは、iTunesカードが並べた写真などがアップされ、リツイートした人全員にプレゼントするとうたった。ダイレクトメッセージ(DM)で、プレゼントを渡すためのコードを教えると書いてある。

   この偽アカウントは、26日夕現在で、1万5000人以上のフォロワーがいる。プレゼントのツイートも、フォロワーを中心に反響を集め、5万件以上もリツイートされる事態になっている。

   偽物だと気づく人も多かったが、本物だと信じた人もいたようだ。指摘されて「え、偽物ですか?」「言われてみれば笑」「まーじー?騙された...」といったツイートもあった。

所属事務所「会社としては迷惑」

   偽アカウントは、よく見れば、本物との見分けは可能だ。

   偽物には、認証済みのマークはなく、アカウント名も本物とは違う「@seikin81」になっている。フォロワー数も、本物は300万近くある。プロフィールの中には、「偽物です」との告白も混ざっていた。

   その目的については、よく分からないが、DMのやり取りで住所などの個人情報を集めるためでは、などの見方が出ている。プレゼントのツイート内容は、いくつかの別アカウントで数年前から出回っているものとまったく同じだった。

   HIKAKINさん自身は、この偽アカウントについて、6月26日夕現在でまだコメントしていない模様だが、所属事務所のUUUM(ウーム)は、J-CASTニュースの取材に対し、広報担当者が「会社としては、迷惑であり、対応に苦慮しています」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中