2018年 9月 25日 (火)

ATMの手数料がうざい...... 現金のイライラを解消する方法を発見!?

印刷
kaisha_20180626151942.jpg
ATMの順番待ちの列にイライラした経験、ありませんか?

   今年も「夏のボーナス」の季節がやって来た。年に2回の、まとまったお金が入るタイミングに、あれこれなにを買おうか算段している人もいるだろう。

   海外旅行に高級腕時計、自分にご褒美のブランドもののアクセサリー...... ボーナス時の高価な買い物の支払いは計画的かもしれないが、日常のお買い物となると、とたんに使途不明の「ミステリースペンディング」なる落とし穴にハマる人も多いのではないか。

   たとえば、コンビニで現金払いしているお昼ごはんや、職場の仲間と一杯飲んで帰った時の支出など、気が付いたら、財布の中身が現金と引き換えにレシートの束にすり替わっているなんていう経験は、誰しも思い当たるフシがあるはずだ。

読者が最も共感した、現金にまつわるイライラは?

   そこでJ‐CASTニュースは読者に、「現金にまつわるイライラ」についてアンケート調査(2018年5月23日~6月5日)を実施した。

kaisha_20180626152022.jpg

   アンケートの結果は円グラフのとおり。半数を超える51%の人が「ATMで手数料がとられること」に、イラついている。

   そう、ニッポンは「キャッシュレス後進国」だ。経済産業省によると、2015年時点の日本におけるキャッシュレス決済の比率18%。じつに韓国の89%の4分の1程度しかなく、中国の60%、英国の55%などと比べても低い。(2018年4月 経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」)

   政府が目標に掲げる「2027年までに40%」にはほど遠く、キャッシュレスが進展しない原因に、消費者の現金への安心感が根強いことや、銀行にコンビニやスーパー、駅構内などにくまなく設置されているATMがあまりに便利に使われていることがあるとされる。

ATMの「手数料」と「手間」にうんざり

kaisha_20180626152045.jpg

   とはいえ、あわててATMに駆け込んで、現金を引き出し。ええっ、手数料って。そんなぁ......

   そう思っても手持ちがないから、仕方ない。

kaisha_20180626152106.jpg

   はたまたATMを探したり、ATMの順番待ちの列にイライラしたりと、買い物途中の現金の引き出しは、ひと苦労というわけだ。

   そんなイライラを解消してくれるのが、現金のように使えるけれどキャッシュレスな「Visaデビットカード」だ。「Visaデビット」は、国際ブランドの「Visa」と銀行が提携したカードで、クレジットカードと同様に国内外の約4,600万のVisa加盟店で使える。

   カードは銀行の預金口座に紐づいているから、、買い物したその場で預金口座から引き落とされ、即時決済の機能をもつ。つまり、預金口座にあるお金を下ろすためにわざわざATMに走る必要も、行列に並ぶ必要も、さらには手数料を払う必要もないのだ。

手数料のイライラを解消するには

カッコ悪いよ! 財布がパンパン、小銭バラ撒きモタモタ......

kaisha_20180626152128.jpg

   一方、ATMに走らないまでも、レジでの支払い時にお財布を広げて、モタモタと小銭を探しながら冷や汗をかいている人を見かけることがある。なかには、慌てて小銭をバラ撒いてしまう人も...... なんて、カッコ悪い。

   Visaデビットなら、キャッシュレスでスムーズに支払いができるから、後ろの人や時間を気にしてアセる必要がないし、スマートに支払いを済ませることができる。

Visaデビットがあれば、もう焦らない
kaisha_20180626152158.jpg

   それでなくても、現金払いの人のお財布は小銭でパンパンなことが少なくない。現金の代わりにVisaデビットを使えば、お財布もスリムでスッキリするし、デートのときなど、スマートにカッコよく支払える姿を見せることができるはずだ。

お財布をスリムにするためには・・・

ああぁ...... わたし、いくら払ったんだっけ?

   ところで、「ミステリースペンディング」をご存じか――。その名のとおり、なにに使ったのかわからない、使途不明の支払いのこと。こうしたお金は、日頃から家計簿やおこづかい帳を付けていない限り、わからなくなってしまいがち。現金払いだから、起こることでもある。

kaisha_20180626152221.jpg

   そんなミステリースペンディングの解消にも、Visaデビットは有効。日常の支払いにVisaデビットを取り入れることで、しっかりと、しかも簡単にお金を管理できるのだ。パソコンやスマートフォンで口座残高や利用履歴を確認できるので、自分がいつどこでいくら払ったのか把握しやすく、「お金の見える化」ができるわけ。

   それに、Visaデビットは、利用限度額が預金口座の残高の範囲内、または限度額を任意で設定できるため、使いすぎの心配がない。買い物してから口座引き落としまでのタイムラグがないから、「お金がないのに、ついつい買い物して、翌月の請求書を見て驚いてしまう」という、ありがちな使いすぎを避けられるのも、Visaデビットの大きなメリットだ。

「ミステリースペンディング」を防ぐ

「New Normal」な買い物のスタイル

   Visaデビットを使えば、もうATMでの現金の引き出しやレジでの支払いで、現金にイライラすることはない。Visaデビットのメリットをおさらいすると、

● 銀行の預金口座からの即時決済なので、ATMで現金を引き出す手間や手数料がいらず、現金感覚で使える。
● キャッシュレスで買い物などの支払いがスムーズにできる!
● 小銭でお財布がパンパンにならない!
● 支払ったらすぐ、パソコンやスマートフォンで、口座残高や利用履歴を確認できる。

   ちなみに、海外へ行っても、お買い物のほか、ATMで現地通貨が引き出せるのもメリット。いまや、Visaデビットは新しい支払いのスタンダード、「New Normal」な買い物のスタイルなのだ。

kaisha_20180626152303.jpg
Visaデビットでイライラを解消する



姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック