2019年 11月 16日 (土)

足立梨花、「めんどくさい」リプライの嵐に辟易 W杯感想に議論沸騰...「嫌なら私のツイート見るなよ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   タレントの足立梨花さん(25)がご立腹だ。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)の日本対ポーランド戦後、「サッカー関連でめんどくさい人多すぎ なんなの?」とツイッターユーザーに苦言を呈し、注目を集めている。一体、なにが逆鱗に触れたのか。

  • 足立さん(16年8月撮影)
    足立さん(16年8月撮影)

決勝トーナメント進出も「素直に喜べない」

   サッカー好きで知られる足立さん。Jリーグ公式女子マネジャーやサッカー番組のMCを務めるなど、サッカー関連の仕事を多数こなす。

   4年に1度の祭典も当然注目しているようだ。W杯開幕後はサッカー関連のツイートが増加。特に2018年6月28日の日本対ポーランド戦は熱がこもったようで、批評調の投稿を連投した。

「いやいや、そんな試合は見たいくない」(原文ママ)
「ガンガン攻めた結果負けてしまうのはいいんだけどさ(中略)これでセネガルが追いついて決勝トーナメント行けないとかになるとちょっとね。。。」
「なんというか嬉しいんだけど素直に喜べないというかなんというか不思議な気持ちでいっぱいです」

   日本はこの試合、同時刻に行われたセネガル対コロンビア戦との兼ね合いで、1点リードを許すも終盤は攻撃に出なかった。「意図的」に負ける形となったが、警告数の差でセネガルを上回り決勝トーナメント進出を決めた。

   この日本の姿勢に対し、足立さんは苦言を呈したというわけだ。投稿には

「同じくです。このモヤモヤ感」
「美しく戦って散るという美学を押し付けすぎ。ただの綺麗事」

など賛否両論寄せられている。一連の投稿へのリプライの件数は累計450件以上に達し、足立さんへの否定的な声も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中