2018年 11月 15日 (木)

セントラル・アーツ、製作事業を一時休止「あぶ刑事」「Wの悲劇」...会社は存続

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「あぶない刑事」などで知られる製作プロダクションの「セントラル・アーツ」が映画やドラマの製作事業を一旦休止するとJ-CASTニュースの取材に答えた。

   SNSでは、2018年6月30日付で会社そのものが解散したとのうわさが流れていた。

  • 2016年公開の映画「さらば あぶない刑事」の公式サイトより
    2016年公開の映画「さらば あぶない刑事」の公式サイトより
  • 2018年7月2日18時現在のWikipedia
    2018年7月2日18時現在のWikipedia

長年務めた女性社員が退社

   J-CASTニュースは2018年7月2日に、セントラル・アーツの担当者に取材を行った。

   SNSで流れている解散の話について聞くと、これを否定し、会社そのものは存続していると明かした。

   一方で、映画やドラマの製作は一旦休止すると話した。長年在籍し、製作に携わっていた女性社員が退社したためであるとして、今後製作事業が復活する可能性もあるという。 7月1日から「セントラル・アーツって事務所畳むのか」や「セントラル・アーツ無くなってしまうのか」とSNS上で解散したのではないかとの投稿が相次いでいた。

   こういった投稿は一般のユーザーに留まらず、生前の松田優作さんと親交の深かった写真家の渡邉俊夫さんも「黒澤社長の『セントラル・アーツ』が先月いっぱいでなくなりました」とツイッターに投稿していた。

   更に、7月2日夕現在のWikipediaも「かつて存在した日本の映画・テレビ製作プロダクション」と前文に記載されている。

「野獣死すべし」など松田優作映画手掛ける

   何故、このような情報が出回ってしまったのかについて聞くと、情報が上手く伝わらなかったのではと担当者は回答した。

   また、これからの活動については、番組販売など版権業務を行っていく。

   セントラル・アーツは1980年に設立され、映画「野獣死すべし」や83年の映画「探偵物語」など松田優作さん主演作品、「Wの悲劇」や「ビー・バップ・ハイスクール」、「あぶない刑事」でも製作に関わった。また、6月9日に公開された映画「終わった人」でも製作に名を連ねている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中