2019年 1月 16日 (水)

麻原死刑執行なぜいま? 「やっぱり平成のうち」「W杯日本戦終わった後に...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   やっぱり平成内決着か――2019年の天皇陛下の生前退位、改元という節目を控え、オウム死刑囚の死刑執行は「平成のうちに」「2018年のうちに」との見立ては広がっていた。中には「6月執行説」も流れていた。

   2018年7月6日、元教組・麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚らの死刑が執行された。

  • 裁かれる教祖(共同通信社社会部=編,共同通信社)
    裁かれる教祖(共同通信社社会部=編,共同通信社)

「6月執行説」もあった

   「麻原死刑囚の執行が行われたのは、やっぱり平成が終わるからか」
 「やっぱりやるのか。元号が変わる前に執行されるとは思ったが。今なのか」

   6日朝に麻原死刑囚らの死刑執行が報じられると、ツイッターには、こうした「やっぱり」という反応が続々と寄せられた。

   2019年5月改元のスケジュールに向けて様々な準備が進む中、18年中のオウム死刑囚の執行は「規定路線」との指摘は以前から出ていた。3月にオウム死刑囚の7人が東京拘置所から別の拘置所へ移送されると、「いよいよ執行は近いのか」との反応が高まった。

   さらには「6月執行説」も浮かび、5月28日には、NEWSポストセブン(ネット版)が「麻原らオウム確定死刑囚『6月執行説』の根拠と上祐氏の懸念」と題する記事を配信していた。18年も年末に近付くと、19年改元に向けた祝賀ムードに水を差すし、9月には自民党の総裁選がある。こうした情勢から、「6月執行」がおさまりがよい、との見立てが法務省関係者らの間で広がっている、と指摘していた。

   また7月3日までは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表の活躍が続いていた。ツイッターには

   「W杯(日本戦)が終わった後に執行するって決めてたな」

との指摘も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中