2018年 11月 17日 (土)

麻原死刑執行なぜいま? 「やっぱり平成のうち」「W杯日本戦終わった後に...」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   やっぱり平成内決着か――2019年の天皇陛下の生前退位、改元という節目を控え、オウム死刑囚の死刑執行は「平成のうちに」「2018年のうちに」との見立ては広がっていた。中には「6月執行説」も流れていた。

   2018年7月6日、元教組・麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚らの死刑が執行された。

  • 裁かれる教祖(共同通信社社会部=編,共同通信社)
    裁かれる教祖(共同通信社社会部=編,共同通信社)

「6月執行説」もあった

   「麻原死刑囚の執行が行われたのは、やっぱり平成が終わるからか」
 「やっぱりやるのか。元号が変わる前に執行されるとは思ったが。今なのか」

   6日朝に麻原死刑囚らの死刑執行が報じられると、ツイッターには、こうした「やっぱり」という反応が続々と寄せられた。

   2019年5月改元のスケジュールに向けて様々な準備が進む中、18年中のオウム死刑囚の執行は「規定路線」との指摘は以前から出ていた。3月にオウム死刑囚の7人が東京拘置所から別の拘置所へ移送されると、「いよいよ執行は近いのか」との反応が高まった。

   さらには「6月執行説」も浮かび、5月28日には、NEWSポストセブン(ネット版)が「麻原らオウム確定死刑囚『6月執行説』の根拠と上祐氏の懸念」と題する記事を配信していた。18年も年末に近付くと、19年改元に向けた祝賀ムードに水を差すし、9月には自民党の総裁選がある。こうした情勢から、「6月執行」がおさまりがよい、との見立てが法務省関係者らの間で広がっている、と指摘していた。

   また7月3日までは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表の活躍が続いていた。ツイッターには

   「W杯(日本戦)が終わった後に執行するって決めてたな」

との指摘も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中