2019年 11月 14日 (木)

USJ園内で「大迷惑」モッシュ騒動 ロックフェス中止で若者「大暴れ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「オイ!オイ!」「イエーイ!」

   さらにツイッターには、園内の「グラマシーパーク」と呼ばれる芝生のエリアで、数十人の男女が集まって「モッシュ」と呼ばれる行為をする姿を撮影した動画もアップされている。

   動画の長さは約45秒。冒頭では、バンドTシャツ姿の若者らが「オイ!オイ!」「イエーイ!」などと大声で叫びながら、大きく広がって円を作る。その後、一斉におしくらまんじゅうのように密着し、互いの体を激しくぶつけ合う。この集団は、音楽は流していなかった。

   なかには、タオルを勢いよく人に向かって投げつける男性もいた。こうしたモッシュ行為が終わると、参加者らは笑いながら「最高すぎ」「ヤバい」などと興奮気味の様子で次々と口にしていた。

   こうしたモッシュ動画をはじめ、「京都大作戦」に参加予定だった音楽ファンによるUSJ園内での迷惑行為について、ツイッターやネット掲示板には、

「ユニバ大作戦って...ユニバ大迷惑やん」
「京都大作戦中止なったからってユニバで大暴れした馬鹿共何?普通に迷惑やからやめてくれ」
「何も知らない家族連れの人達とが見たら、暴走族の集会と変わらない」
「京都大作戦が中止になったからユニバに行こうって気持ちはわかるがそれならユニバの楽しみ方をしてくれ」

との批判が殺到。さらには、ユニバ大作戦を企画したユーザーらに対しても、批判や中傷のリプライ(返信)が相次ぐなど、いわゆる「炎上騒ぎ」となったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中