2018年 9月 26日 (水)

赤レンガ倉庫で酒盛り、大騒ぎ! アイドルファン乱行に運営「立入禁止」余儀なく

印刷

   横浜・みなとみらいで開催されたイベント「アイドル横丁夏祭り」の運営が、会場近くにある「赤レンガ倉庫」館内への立入禁止を参加者に告知したことが、インターネット上で議論を呼んでいる。

   「看過できない迷惑行為があったんだろ」と理解を示す声が出る一方で、「オタク差別では」と憤るユーザーも一部で出ているのだ。いったい、現場で何があったのか。J-CASTニュースが、運営側に聞くと...。

  • 赤レンガ倉庫前の「立入禁止」貼り紙。写真はかもめ(@kamo_tes)さん
    赤レンガ倉庫前の「立入禁止」貼り紙。写真はかもめ(@kamo_tes)さん

「一般の方のご迷惑になるため」

   「アイドル横丁夏祭り」は、横浜赤レンガパークで2018年7月7~8日に開催されたアイドル専門の野外フェス。「AKB48 チーム8」や「でんぱ組.inc」をはじめ、2日間で計150組以上が出演した大型イベントだ。

   今回の騒動の発端は、ツイッターユーザーの男性(26)が8日に公開した1枚の写真だ。イベント会場とほぼ隣接した商業施設「赤レンガ倉庫」の入り口に、

「<アイドル横丁夏祭り2018のお客様へ>
一般の方のご迷惑になるため、
館内、立入禁止」

と書かれた貼り紙があったというのだ。写真を掲載した投稿には、「オタク人権なし」とのコメントも添えられていた。

   写真をアップした男性は10日のJ-CASTニュースの取材に対し、貼り紙を発見したのは1号館の道路側入り口だと説明。自身も「アイドル横丁」に参加していたというが、立入禁止を呼び掛けた運営側の判断については、

「これは妥当な対応だなと思います。そもそもこの時期に来る一般の方が可哀想だなと思うくらいなので...」

とした。実際、物販やドリンクの販売コーナーは有料エリア外に設置されていたため、当日の赤レンガ倉庫付近は多くのアイドルファンと一般客が入り混じる状況だった。

   ただ、貼り紙の内容については「『立入禁止』という言葉はちょっとキツイかなとは思いました」とも。「ご遠慮ください」であれば参加者の受ける印象も違ったのでは、と振り返っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中