2018年 9月 25日 (火)

新大関・栃ノ心が休場

印刷

   大相撲の新大関・栃ノ心(春日野部屋)が、右足親指を負傷したため名古屋場所7日目の2018年7月14日から休場することになった。

   栃ノ心は前日6日目の取組で、小結・玉鷲(片男波部屋)と対戦、小手投げで敗れた際に右足の親指を痛めた模様。

   栃ノ心の休場は17年初場所以来7度目となる。また、今場所すでに3横綱全員が休場、栃ノ心の休場で3横綱1大関が不在となり、残る大関は豪栄道、高安の2人。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中