2019年 11月 16日 (土)

ペット店員が子猫をわしづかみ、揺さぶり... 動画に「虐待」批判→運営会社が謝罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ペットショップWAN」仙台店の従業員が、店で飼育している子猫を不適切に扱っていたことが判明したとして、運営会社のハルズコーポレーション(大阪市)が2018年7月19日に謝罪文を発表した。

   事態が発覚したのは、来店客の1人がツイッターにアップした動画がきっかけだ。店の営業時間中に女性従業員が、ケージ内の子猫をわし掴みにし、身体を上下に大きく揺さぶる様子が映っていた。

  •  ペット店員の不適切行為に「虐待」批判(写真はイメージ)
    ペット店員の不適切行為に「虐待」批判(写真はイメージ)

「あそこまでやるのは虐待ですよ」

   「お店にいる生き物全てが可哀想に思えてきます。許せない」――。問題の動画は18日昼、こんな怒りのコメント付きで投稿された。投稿者は続くツイートで、店名や問い合わせ先も明らかにしていた。

   動画の長さは約25秒。女性従業員はタブレット端末を持っており、カメラ機能でケージ内の子猫を撮影しようとしている。だが、猫が思ったようなポーズを取らなかったのか、従業員は猫の胴体をわし掴みにして、

   「違う」「何でそうなるの」

などと呟く。さらには、猫を掴んだまま持ち上げて大きく揺さぶるシーンもあった。

   投稿者はこの従業員にも直接の注意をしたと明かした上で、「お店にとっては商品かもしれないけど 命なのは忘れないでほしい」と苦言。こうした投稿を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「写真撮るためにあそこまでやるのは虐待ですよ」
「動物が好きな人のやり方じゃないですね。好きならこんなに乱暴なことはしないはず」
「まだ子猫で大事な時期なのに、あんな事されたら、可哀想で仕方がない」

など店や従業員に批判的な意見が相次いで寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中