2019年 12月 7日 (土)

スバルの限定スポーツカー、またまた即日完売 日本でも本格スポーツカーは売れる?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SUBARU(スバル)が2018年7月19日に全国500台限定で発売したスポーツセダン「WRX STI TYPE RA-R」が即日完売となった。

   このモデルは、スバルのモータースポーツ統括会社のSTI(スバル テクニカ インターナショナル)の創立30周年記念のコンプリートカーで、ファンの間では注目度が高かった。スバルはタイプRA-Rを発売すると発表した同じ日に、ホームページで「受注台数が限定台数の500台に達したため、販売は終了しました」と明らかにした。

  • 即日完売となった「WRX STIタイプRA-R」
    即日完売となった「WRX STIタイプRA-R」

トランスミッションは6速マニュアル

   スバルはカタログモデルのWRX STIをベースにSTIと共同開発したコンプリートカーをこれまでも限定発売し、近年は即日完売が続いている。2015年10月には「S207」を400台限定で発売し、即日完売。2017年10月には「S208」を450台限定で発売したが、2600人を超える申し込みがあり、抽選となった。こちらも事実上の即日完売だった。

   S208は626万~710万円、今回のタイプRA-Rは499万円と、決して安価なクルマではない。トランスミッションはいずれも6速マニュアルで、今日のAT(オートマチックトランスミッション)に慣れたドライバーには乗りこなすことすら難しいだろう。クルマに関心のない読者には理解しがたいかも知れないが、これらスバルの限定車が即日完売となるには理由があるのだ。

   それは本格的なスポーツカーを愛するコアなモーターファンが日本にも一定の割合で存在するということだ。若者の自動車離れに加え、スポーツカーは長く「冬の時代」と言われる。自動車販売台数で上位を占めるのは燃費に優れた軽自動車であり、トヨタや日産のハイブリッドカーだ。これらのクルマは実用本位で「白物家電」に近い。これと対極にあるのが、趣味性の高いスポーツカーの世界だ。

   タイプRA-RはS208にも搭載した「STIコンプリートモデル最高」とされるスバル独自の水平対向エンジン「EJ20バランスドBOXER」を採用。ノーマルのWRX STIの最高出力227kW(308PS)、最大トルク422N・m(43kg-m)に対して、242kW(329PS)、432(44kg-m)を発揮する。ノーマルのWRX STIに比べ約10キロ、S207やS208に比べ約30キロの軽量化を実現。ローダウンサスペンション、専用ブレーキパッドなど、数々の本格的なメカニズムを採用した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中