2018年 11月 16日 (金)

古市憲寿、おばたのお兄さんと結婚!? スポーツ報知「トンデモ誤植」に本人ツッコミ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   僕とおばたのお兄さんは「結婚してません」――。社会学者の古市憲寿氏(33)が、スポーツ報知の「まさかの誤植」にツッコミを入れた。

   古市氏は2018年7月30日のツイッターで、「うける」と冗談めかして報知記事の誤りを指摘した。なんと本文中に、「古市憲寿氏は、3月にお笑い芸人・おばたのお兄さんと結婚。」という記述があったのだ。

  • 古市憲寿さん(2016年撮影)
    古市憲寿さん(2016年撮影)

本来はどう書くつもりだった?

   誤植があったのは、スポーツ報知が30日朝にウェブ版で配信した「古市憲寿氏、剛力インスタ報道で山崎アナに無茶ぶり『お金持ちと結婚したら良かったと思ったのでは?』」と題した記事だ。

   この記事は、同日放送の情報番組「とくダネ!」(フジ系)での一幕を書き起こしたもの。女優の剛力彩芽さんとスタートトゥデイ社長・前澤友作氏の交際に関する話題を受け、番組出演者が口にしたコメントをまとめている。

   だが、古市氏に関する記述に思わぬミスが。当初、記事の文中に次のような表現があったのだ。

「コメンテーターで出演の社会学者・古市憲寿氏(30)は、3月にお笑い芸人・おばたのお兄さん(30)と結婚。『格差婚』ともささやかれた山崎夕貴アナウンサー(30)に向かって~(後略)」

   前後の文脈や正しい事実関係を踏まえると、どうやら本来は「おばたのお兄さんと結婚し、『格差婚』とも~」といった趣旨の文章を書くつもりだったようだ。

   だが、記者が句点(。)と読点(、)を間違えてしまったためか、古市氏とおばたのお兄さんが結婚したと伝えたようにしか読めない、トンデモな間違いをした一文が世に出てしまったのだ。

本人がツッコミ「結婚してません」

   この間違いには、古市氏本人も反応。「とくダネ!」出演後に更新したツイッターで、誤りがあった記事をスクリーンショット撮影した画像をアップしながら、

「お兄さんとは結婚してません。うける」

とツッコミを入れたのだ。

   こうした本人からの指摘を受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「爆笑しました」
「ウケる、おばたの古市さんじゃんw」
「笑いましたw おめでとうございますw」

との反応が続出。なかには、「記事書いた人夏バテ気味か」「書いた人もお疲れなんでしょうね」といった声も出ていた。

   なお、スポーツ報知は今回の記事を30日13時までに修正しており、問題の記述部分は、

「古市憲寿氏は、3月にお笑い芸人・おばたのお兄さんと結婚したが、『格差婚』ともささやかれた山崎夕貴アナウンサーに向かって~」

という表現に変わっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中