2019年 12月 6日 (金)

沖縄知事選、翁長知事はいつ動く? 保守系は「一本化」協議が本格化

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題が大きな争点になるとみられる2018年11月の沖縄県知事選では、「保守分裂」は回避されることになりそうだ。

   一方、移設阻止を目指す「オール沖縄」の見通しは不透明なまま。埋め立て承認を撤回する意向を示した翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)が再選を目指すかどうかを明らかにしていないためで、野党間でも温度差に違いが出ている。

  • 翁長雄志知事は再選を目指すのか(2015年5月撮影)
    翁長雄志知事は再選を目指すのか(2015年5月撮影)

保守系一本化「まだまだ協議は入り口段階ではありますが...」

   県知事選では、保守系で元日本青年会議所会頭の安里(あさと)繁信氏(48)が出馬表明したのを皮切りに、7月30日には宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)が、自民県連などでつくる候補者選考委員会による出馬要請を受諾する形で出馬の意向を表明した。このことから保守分裂の可能性も指摘されていたが、安里氏は7月31日、自民党沖縄県連役員らが安里氏の支援団体の事務所を訪れ、保守系候補の一本化に向けた協議がスタートしたことをフェイスブックの書き込みで明らかにし、

「まだまだ協議は入り口段階ではありますが、引き続き前向きに取り組んでまいります!!」

とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中