2019年 12月 13日 (金)

元ジャックス・水橋春夫さん死去 Winkなどプロデュース

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元ジャックスのギタリストで、音楽ディレクターの水橋春夫さんが2018年8月5日早朝に心不全のために亡くなった。69歳だった。かつて水橋さんがプロデュースを手掛けたアイドルユニット「Wink」の 30周年特設サイトの中で公表された。

   水橋さんは1967年、ロックバンド「ジャックス」に加入。ジャックスは日本のサイケデリック・ロックの先駆けとして知られ、68年発売のアルバム「ジャックスの世界」に収録されている「時計をとめて」では作詞作曲を担当した。

   グループ脱退後はディレクターに転身する。そこでプロデューサーとして横浜銀蝿やWink、山瀬まみを手掛けた。

   最近では2015年に共にジャックスに所属していた谷野ひとしさん、音楽家であり文筆家の松村雄策さんと共に「水橋春夫グループ」でアルバム「考える人」をリリース。その年のフジロックフェスティバルにも出演した。16年にもアルバム「笑える才能」を発売している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中