2018年 10月 16日 (火)

さんま「酔うてるからええやん」もう通じない? 「酒の勢い」に女性陣ヒンシュク

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ソチ五輪フィギュアスケート代表でプロスケーターの村上佳菜子さん(23)が、経験談を交え「酒に酔った勢いで近づいてくる男性がすごく嫌」と述べたところ、お笑いタレントの明石家さんまさん(63)が「酔うてるからええやん」と返し、インターネット上で一部から顰蹙を買った。

   村上さんは2018年8月7日放送のバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。不満に思った男の言動という番組のテーマに沿って、選手時代のエピソードを明かした。

  • 明石家さんまさん
    明石家さんまさん

「その人がすごくベロベロになって...」

   フィギュアの大会後に開かれた、選手が参加するパーティーでのことだ。村上さんは「全然しゃべったことがなくて、全日本選手権とかで会ってもあいさつくらいしかしないスケーターの方だったんですけど」と切り出し、

「その人がすごくベロベロになって、『佳菜子~! 元気~?!』みたいな感じで言ってきて、それがすっごく嫌だったんです。『イエーイ!』みたいな感じで」

と、スタジオで隣にいた岡田結実さん(18)の肩に手を回し、その男性の言動を再現した。この日のゲストは全員女性。村上さんに同意するように「ええ?!」と驚いた。

   だがMCのさんまさんが村上さんに返したのは、

「酔うてるからええやないかい」

という言葉。村上さんは「でもなんか...『イェーイ佳菜子~!』みたいな感じですよ」とその男性への不快感を再びにじませたが、さんまさんは、

「『イェーイ佳菜子!』言われたら、『イェーイ!』で(応じてやれば)ええやないかい」

と考えは変わらなかった。

   村上さんの話では、その男性とは年1回の全日本選手権で会うくらいで、「仲良くないの?」と聞かれても「全然。(会っても)『こんにちは』『どうも』くらい」というほど、ほぼ面識がない。いきなり「呼び捨て」だったことにも面食らってしまったという。

   苦笑いしつつも「その人のことがトラウマになっちゃって」といい、「今は喋るようになったんですけど、やっぱり1枚壁がある。(笑顔であいさつしようとしても)顔がひきつっちゃう。はは...」と、今なお苦手なようだ。

「好きやったんやろ、たぶん」

   一方、こうした話を聞いたさんまさんだったが、

「なんで? 酔うてるから『イェーイ!』って、その人は(村上さんを)好きやったんやろ、たぶん」

と、同調する兆しは特段見られない。村上さんは「いや全然です。ただ酔ってるだけで、『超試合良かったじゃ~ん!』みたいな」と冗談交じりに肩に手を回すジェスチャー。さんまさんが「ああ、そういうのがダメなんや」と少し頷くと、村上さんは、

「酔っぱらった勢いで接近しようとしてくる人がすごく嫌です」

と話していた。

   「酒に酔ってるからよい」とするさんまさんの考えに、ツイッター上では女性とみられるユーザーから、

「ここが断絶だよなぁとしみじみ。酔っ払いはなんの免罪符にもならないよ」
「酔っぱらっていると、何がええやんなのか...???余計に嫌や!!」
「さんまのセクハラ...」

などと反発するような声があがっていた。一方、トーク中心のバラエティ番組であることから、

「多分会話広げる為にあえて言ってるとこもある」
「サンマさんってこういう芸風じゃん。『違いますぅー!』って言わせるというか」

との声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中