2018年 8月 16日 (木)

「パワハラのつもりなかった」 日大チア「解任」女性監督は協会に釈明

印刷

   日本大学の応援リーダー部(チアリーディング)の女性監督が女子部員にパワハラをしたと学内の人権救済委員会に認定されたと、毎日新聞が報じた。

   日大では、この報道を受けて、「学生の指導に支障を来す」として、女性監督を解任したと発表した。また、日本チアリーディング協会は、J-CASTニュースの取材に対し、監督にも事情聴取して、協会としても「いじめがあったと認定した」と明らかにした。

  • アメフト問題では、各学部長から「学生を必ず守る」とメールが届いたが…
    アメフト問題では、各学部長から「学生を必ず守る」とメールが届いたが…

7月になって謝罪も...部員体調崩す

   アメフト部の悪質タックル問題で騒動になった日大で、また新たな運動部の疑惑が報じられた。

   毎日新聞が2018年8月9日付朝刊社会面トップで報じたところによると、女性監督は2月5日、この女子部員に対し、大雪の日に学部の事務員から監督に電話をかけさせて練習をなくそうとしたと事実無根のことを部員全員の前で言って叱った。

   また、女子部員が出身高校のジャージを履いていたことをとがめ、「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったり、女子部員がケガから回復していないのに、「ずる賢いバカ」などと罵倒して大会に出場させようとしたという。女子部員は、ほかの部員にも責められて自殺も考えたといい、大学にも通えなくなった。

   女子部員は、応援リーダー部が所属している保健体育審議会に仲裁を求めたが、アメフト部の内田正人前監督が事務局長だった審議会は、女子部員が女性監督と話すように促したという。

   そこで、今度は3月に学内の人権救済委に相談したところ、救済委では、女性監督の行為はパワハラだと認定したと記事ではしている。女性監督は7月になって、雪の日のことは誤解していたなどとして、女子部員に謝罪した。しかし、女子部員はその場で退部を申し出たという。女子部員は、精神的に追い詰められて適応障害と診断され、女性監督と面会後に再び体調を崩したとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中