2018年 9月 20日 (木)

最上もが「怖くて泣きそう」 「待ち伏せ&サイン要求」を報告

印刷

   元「でんぱ組.inc」メンバーでタレントの最上もがさん(29)が、駅で待ち伏せしてサインを求める人がいて困惑していると、ツイッターで告白した。

   最上さんに同情的な声がネットではほとんどだが、中には、そうでない人もいるようで...。

  • 最上もがさん(2014年5月撮影)
    最上もがさん(2014年5月撮影)

「ファンと言えばなんでも有りなのか」

   アイドルとして写真集なども出していた最上さんだけに、イベントなどでは、サインや写真撮影を求めるファンも多い。

   ところが、プライベートでも追いかける人はいるらしく、最上さんは2018年8月18日、ツイッター上で苦言を呈した。

   それによると、最上さんは、駅で待ち伏せされることがあって、「サイン下さい」とせがまれた。これに対し、最上さんは、サインなどはイベントの特典として対応しているため、「平等じゃないから」と断ると、こう言われたという。

「ファンなのにサインもらえないんですか?」

   最上さんは、哀しく感じるとともに、自宅に帰る途中で周囲に人もいてザワザワし始めたため、余計に怖くなってしまった。そして、このような行為に対して、「めちゃくちゃ怖くて泣きそう」「ファンと言えばなんでも有りなのだろうか」と疑問を投げかけた。

   さらに、何度もサインなどを要求してくる人は、ファンではなく、転売目的の可能性があるとも指摘し、「こういうのは減って欲しいなと思います」と訴えた。

   最上さんの切実なツイートは、大きな反響を呼び、その境遇に同情する声が次々に寄せられている。

サイン要求は不可解とするツイートに、「いいね」2万件

「そんなことする奴はファンでもなんでもない」「ほんとのファンはもがちゃん見かけても話しかけないです、きっと」「待ち伏せの時点でストーカー行為じゃん。やりすぎだよ、その人」「大きな事件に発展してからでは、遅い」...

   一方で、街中でもサインや写真撮影に気軽に応じるともされたお笑いタレント男性の例などを持ち出し、待っていたのだからサインぐらいするべきとの声もツイッター上で寄せられた。また、最上もがさんのツイートを見て、哀しくなるファンもいるとして、ファンがいてこそのタレントではないか、ファンをもっと大事にすべき、などと主張する人たちもいた。

   しかし、こうしたツイートは、批判が寄せられて次々に炎上し、削除したり、謝罪に追い込まれたりしていた。これらをまとめて、理解しがたい考え方だと紹介したツイートは、2万件以上の「いいね」を集めていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中