2019年 10月 17日 (木)

ZOZO前澤氏、今度は映画製作に意欲 すべては「世界平和」のため

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「お金のない世界のイメージを、少しでも皆様が頭の中で膨らますことが出来るようにしていきたい」――。ファッション通販サイト「ZOZO」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)は2018年8月21日、映画を製作する考えを明かした。

   テーマは「お金がなくなった世界」。自身の人生哲学を反映させた内容になるという。

  • 前澤氏の公式ツイッターより
    前澤氏の公式ツイッターより

平和を阻害する「お金」の存在

   「世界平和」を夢みる前澤氏。これまでは「世界中をカッコよく、世界中を笑顔に」を理念とするスタートトゥデイ社の経営を通じて実現を目指してきたが、別の方法でのアプローチも模索しているようだ。

   前澤氏は8月21日、ブログサービス「note」を更新。世界を平和にするためには「世の中からお金をなくす」ことだとして、「お金がなくなった世界」をテーマにした映画製作の構想を明かした。「協力いただける方、ぜひご連絡ください」と協力者も募っている。

   世の中からお金が無くなれば世界平和になる、とはどんな論理か。前澤氏によれば、いまの社会は「人の人生がお金ありきで語られ、モノやコトの背景にある気持ちや意思が価格で置き換えられました」「人に対する愛や感謝や敬意を忘れさせ、格差や劣等感や無力感を増幅させます」

   そのため、戦争やテロ、貧困、自殺などが後を絶たないという。

「お金が無いと生きていけない」は嘘

   そこで、「お金がないと生きていけない、という洗脳的な固定観念から人々が解放された時、人々は改めて生きる意味や働く意味を再考するでしょう」として、お金が無くなった世界を具体的にイメージしやすくするため、映画を作るという。

「お金がない世界では、自分の好きなことや得意なことを仕事とし、人を喜ばせ感動させる人に感謝が集まります。また、本来仕事とはそうあるべきものだったことに多くの人が気づくはずです」

   前澤氏といえば、女優・剛力彩芽さん(25)との交際やプロ野球界への参入構想など、その言動がたびたび世間を賑わせている。これらも「大願成就」に向けた布石なのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中