2019年 11月 20日 (水)

バスケ買春、「選手が聖人君子である必要ない」 古市憲寿発言に賛否

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インドネシア・ジャカルタでのアジア大会中にバスケットボール男子日本代表4選手が歓楽街を訪れて買春に及び、代表認定を取り消された問題で、社会学者の古市憲寿氏が「スポーツ選手が聖人君子である必要もない」「報じる方も悪趣味」と報道に苦言を呈した。

   4選手らは大会途中の2018年8月20日に帰国して会見すると、報道陣からは「女性とホテルに行くまでの流れ」など詳細に尋ねる質問もあった。だが古市氏は「別に聞きたくもない」と一蹴。インターネット上ではこうした見解に賛否が分かれている。

  • 社会学者の古市憲寿氏(2016年撮影)
    社会学者の古市憲寿氏(2016年撮影)

「そこまでこうやって晒し者にすることかな」

   バスケ男子の橋本拓哉(23=大阪エヴェッサ)、今村佳太(22=新潟アルビレックス)、佐藤卓磨(23=滋賀レイクスターズ)、永吉佑也(27=京都ハンナリーズ)の4人は16日夜、「JAPAN」のロゴ入り公式ウェアを来たまま歓楽街「ブロックM」を訪れた。夕食後、日系人の紹介で女性が接客する店へ。その後女性とホテルに行き、行為に及んだ後、17日未明に選手村に戻った。120万ルピア(約9000円)の金銭のやり取りがあったという。

   日本オリンピック委員会(JOC)は19日付で4選手の日本代表認定を取り消し、20日朝に帰国させた。同日、日本バスケットボール協会の三屋裕子会長も出席して東京都内で会見を開いている。

   21日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、MCの小倉智昭さんが「日の丸つけたユニフォーム姿で(歓楽街に)行かないでしょう」と選手らを糾弾。一方、古市氏は「誉められた行為じゃないですけど」と、やったこと自体は責めながらも、

「そこまでこうやって晒し者にすることかなと思ってしまう。逆に報じる方も悪趣味。会見で事細かに女性を買ったかということを別に聞きたくもない」

と、報道の仕方にはやや不快感を示した。その後も、

「スポーツ選手が聖人君子である必要もないと思うので、そんなに細かく報じなくてもいいんじゃないかと思ってしまいました」

と繰り返した。

   上記の会見では「女性とホテルに行くまでの流れを説明してほしい」といった、事の経緯を詳細に聞く質問も出ている。これに永吉は「食事後、2軒目を探していたところ、現地の女性に声をかけられた。そこに現地の言葉が話せる日本人が現れ、話を聞いてもらった。お金の話をしているとのことだったので、そういうことかと認識し、交渉してホテルに行った」などと説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中