2018年 11月 14日 (水)

キャプテン翼が「風花シュート」をアシスト? 高橋陽一さん「ヤングなでしこ祝福」写真

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ヤングなでしこ」こと女子サッカーのU-20日本代表が初の世界一に輝き、ツイッター上などで祝福の言葉が相次いでいる。

   20歳以下で戦うU-20女子のW杯の決勝戦が2018年8月24日、フランスのバンヌで行われ、日本は、3-1でスペインに快勝した。

  • 高橋陽一さんが長野風花選手との2ショットを投稿
    高橋陽一さんが長野風花選手との2ショットを投稿

川澄奈穂美選手「元々高い鼻が更に高くなってます!!!」

   前半、スペインにボールをキープされ続けて苦しい展開となったが、38分にシュートが決まると、後半65分にはMF長野風花選手(19)が3点目を入れて試合を決めた。2011年にフル年代が、14年にはU-17年代が優勝し、これで全年代を世界で初めて制覇したことになる。

   試合後、ニュースのコメント欄などでは、「3ゴール全部すごかったな」「プレスとカウンターの精度が素晴らしかった」「全カテゴリー制覇!おめでとう!」といった祝福の声が次々に書き込まれている。

   サッカー関係者からも、若い選手たちを讃える声が上がっている。

   11年のフル年代優勝のメンバーらからもメッセージが寄せられており、そのうちの1人MF川澄奈穂美選手(32)は、ブログで「あっぱれあっぱれ」と後輩の活躍にエールを送った。米シアトル・レインのチームメートにも「日本おめでとう!」と言われたそうで、「元々高い鼻が更に高くなってます!!!」とジョークも交えた。

サイン入り色紙を長野選手にプレゼントしていた

   男子サッカーの日本代表からでは、GK川島永嗣選手(35)は、世界一メンバーの集合写真をインスタグラムにアップして、「ヤングなでしこのみんな優勝おめでと~応援メッセージにわざわざみんなで返信くれておじさん感激です 日本の誇り」と書き込んだ。

   「キャプテン翼」作者の高橋陽一さん(58)も、「ヤングなでしこ、世界一おめでとうございます!」とツイッターでその快挙を讃えた。18年1月にバルセロナで会ったという長野風花選手の名前を挙げ、「ナイスシュートを決めての優勝、最高でした!!」と祝福した。

   高橋さんは、キャプテン翼を描いたサイン入り色紙を長野選手にプレゼントしたらしく、長野選手がその色紙を持って微笑む、高橋さんとの2ショット写真もアップしている。

   (J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中