2019年 10月 20日 (日)

鳥人間「絶対王者」、補助員に「飛び降りろ!」に批判続々 読売テレビ「本気ではなくプライドの表現」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   手作りの飛行機で空を飛ぶ「鳥人間コンテスト」で、絶対王者と呼ばれる男性(48)が、失敗の記録が残らない「失格」にするため、メンバーに高さ10メートルから「飛び降りろ!」と指示した。

   その様子が日本テレビ系の放送で2018年8月29日夜に流れると、ツイッタ―上などで批判が相次いだ。これに対し、主催者の読売テレビ(大阪)は、J-CASTニュースの取材に対し、男性は本気で言ったわけではなくプライドの表現だったと説明した。

  • 鳥人間コンテストの公式サイト
    鳥人間コンテストの公式サイト

別のチームでは、補助員が10メートル下に落下

   滋賀県内の琵琶湖で7月末に行われた41回目の鳥人間コンテストは、台風12号の影響で突風が吹く荒れたコンディションになった。

   ビルの3、4階に当たる高さ10メートルの滑走路のプラットホームから湖に向けて飛行機を飛ばすが、各チームとも、テイクオフには苦しんだ。プラットホームが雨で濡れ、助走に失敗するチームが続出したからだ。

   「あっと、今誰か落ちたか?」。動力を使わずグライダーのように空を飛ぶ「滑空機部門」で、首都大学東京の学生チームがテイクオフすると、こんなアナウンスが流れた。

   見ると、補助員の学生1人が足を滑らせて、プラットホームの先端から転げ落ちていく。後で流れた映像では、学生は、1回転しながら10メートル下の湖面に落下して水しぶきが上がるほどだったが、すぐに水上バイクのレスキュー隊に助けられた。

   学生チームは、学生記録を更新する飛距離を飛んだ。しかし、司会の羽鳥慎一アナは、補助員が落ちたということで、ルール上は失格ということになると告げ、学生らは泣いて悔しがった。

   続いて、過去に13回も優勝した絶対王者と呼ばれる男性のチームが、プラットホームにスタンバイした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中