2019年 1月 20日 (日)

紗栄子、簡易ランプの作り方を拡散 ファン「検索してね、より助かる」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   モデルの紗栄子さんが、2018年9月6日夜インスタグラムを更新し、北海道地震による停電を受けて、簡単にできるランプの作り方などを紹介した。

   紗栄子さんは、これまでも災害時に寄付やボランティアなど勢力的に活動してきたことで知られる。

  • 紗栄子さんのインスタグラムより
    紗栄子さんのインスタグラムより

「みんなで声を掛け合ってのりきってほしいです」

   紗栄子さんは北海道で停電が続いていることを気にかけ、「便利な灯りの確保の仕方が載っておりましたので転載しますね」とウェブメディア「ウェザーニュース」の記事を転載する形で、「ペットボトルで簡単ランタン」などを写真付きで紹介した。

   警視庁がツイッターで紹介した停電時の明かりの確保方法をまとめたもの。このほかツナ缶やサラダ油を使った簡易ランプが掲載されている。

   紗栄子さんはその後、

「一人暮らしなどで心細いかたもいらっしゃると思います。お友達と集まったり、避難所に行かれたりして少しでも心が安らぐよう、みんなで声を掛け合ってのりきってほしいです」

と、呼びかけた。

   コメント欄には、非常時の画像付きでの情報提供に感謝する声が多く見受けられた。

「検索してね、とリンクを貼ってくれても、充電が気になりできないひともたくさんいるので、さえちゃんみたいに画像で貼ってくれると助かると思います!!」
「日頃からボランティアされているからこそ上辺だけの労いではなく情報を提供できるんですよね。流石です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中