2018年 9月 23日 (日)

大坂なおみ、全米オープン女王 日本人初の4大大会制覇

印刷

   テニスの全米オープンは米国時間2018年9月8日、女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ選手がセリーナ・ウイリアムズ選手を6-2、6-4のストレートで下し、優勝を飾った。全米、ウインブルドン、全仏、全豪の「4大大会」を日本人選手が制したのは男女通じて初めて。

   試合は、ウイリアムズ選手が審判に激しく抗議したり、ラケットを叩きつけたりして警告されるなど、荒れた展開に。それでも終始冷静にプレーした大坂選手が、憧れの選手だとしていたウイリアムズ選手を圧倒し、快挙を成し遂げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中