2019年 7月 16日 (火)

塚原副会長、TV生激白で「ウソ」説明!? 池谷氏が発言内容を次々否定

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   日本体操協会の塚原光男副会長(70)が2018年9月11日朝放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、初めてテレビの生放送でパワハラ騒動についてインタビューに応じた。

   同日昼には、バルセロナ五輪銀メダリストの池谷幸雄氏が「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)で塚原副会長の説明に相反する証言をしており、その信憑性に疑問も残った。

  • 画像は、宮川選手のフェイスブックから
    画像は、宮川選手のフェイスブックから

「代表選手を1人1人、ミーティングする」

   「スッキリ」司会の加藤浩次さんが番組冒頭、生出演の理由を尋ねると、塚原副会長は「報道が過熱した状況で、宮川選手はじめ色んな関係者にご迷惑をおかけしたことは、私の不徳の致すところでもあるので、お詫びしたい」と話した。10月に世界選手権(ドーハ)を控えている中で「選手達に大変な迷惑をかけている。とにかく沈静化したいという気持ちで出させていただいた」とした。

   宮川選手が訴えていたパワハラ被害は、代表合宿初日の7月15日、塚原千恵子・女子強化本部長と塚原副会長から部屋へ呼び出され、「暴力の事実を認めないと厳しい状況になる」などと言われた――といったものだ。

   塚原副会長は、強化本部長と2人で部屋にいたと認めた。加藤さんが「呼んだ理由は?」と質問すると、

「代表選手をそれぞれ1人1人、ミーティングするわけです。僕が(合宿に)いたのは、初日だったものですから、選手団に協会を代表してあいさつを。たまたま行っていたんです。1人1人そういうミーティングはするんです」

と答えた。

   加藤さんは「宮川選手をそこに呼んだのは、意図はなく選手1人1人の順番として呼んだ?」と、重ねて質問した。塚原副会長は「もちろんです。1番最初に呼んだのは、本人がケガをして動けない状況だった(から)」と回答。その上で、

「もう1つは、彼女には二重契約の色んな問題が起きていて、そこに弁護士が入って争っていると。速見コーチの暴力の問題が、告発されているという状況があった。強化本部長としては、選手1人1人のトレーニング環境が重要ですから、ミーティングで一番先に契約の話をしました」

と、宮川選手を呼び出した2つ目の理由を説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中