2018年 11月 21日 (水)

タッキーはジャニの高橋由伸? 重なる引退劇...先輩たちに苦労しそう

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「タッキー&翼」の解散劇と滝沢秀明さん(36)の去就が、ある元プロ野球選手の「去り際」と重なって見える――。2018年9月13日未明のジャニーズ事務所の発表を受けて、野球ファンの間でこんな声が広がっている。

   ある選手とは、巨人の高橋由伸現監督(43)のこと。周囲から現役続行を望まれる状況の中で、さまざまな理由があって引退を決断し、そのまますぐに「裏方」に回ることになった経緯などに、「どこか共通点を感じてしまう」というのだ。

  • 高橋由伸監督(WikimediaCommonsより、Ship1231さん撮影)
    高橋由伸監督(WikimediaCommonsより、Ship1231さん撮影)

2人の「共通点」は?

   高橋氏は15年に現役を引退。同シーズンは主に代打の切り札として活躍し、代打打率も3割9分5厘の好成績を記録していたが、球団から監督就任要請を受けて引退を決断した。

   当初、本人は現役続行を希望していた。だが、当時のスポーツ報知記事(10月24日付)によれば、ミスターこと長嶋茂雄氏からも「(次の監督は)高橋君しかいない。ファンもそれを望んでいるのではないか」との後押しを受け、決意を固めたという。

   この引退劇はさまざまな憶測を呼んだ。「週刊現代」(11月7日号)は、高橋氏が「イヤイヤ引き受けざるを得なかった」として、関係者の談として、

「由伸は、『本当は監督なんかやりたくない。引き受けたくなかった』と思っていますよ」

とまで伝えていた。

   それから3年。奇しくも、高橋氏への「続投要請」がスポーツ各紙に報じられた18年8月12日、ニュースサイト「サイゾーウーマン」が滝沢さんの引退をスクープ。13日未明には、ジャニーズ事務所が正式発表した。

   滝沢さんは18年末で芸能界を引退し、今後は同事務所でタレント育成やプロデュース業など裏方の仕事に専念するという。一部スポーツ紙では、ジャニー喜多川社長(86)の「後継者の役割を担う」とも報じられた。

   こうした滝沢さんの「引退劇」に、高橋氏との共通点を感じた野球ファンは多かったようだ。13日未明に事務所の発表が報じられた直後から、インターネット上に、

「タッキーと高橋由伸が重なって見える」

との声が数多く寄せられたのだ。

「由伸引退のときのことを...」

   もちろん、本人の意思や当事者間の詳しい関係などは分からないうえ、2人の「引退劇」の過程には異なっている部分も多い。だが、ツイッターやネット掲示板には、

「タッキー引退の話題で高橋由伸引退のときのことを思い出した」
「タッキーの引退報道、高橋由伸の監督就任のための引退劇とオーバーラップして見えたのは俺だけかな?」
「まだ若くて現役のタッキーを引退させて裏方に回すの、巨人の高橋由伸みたい」

との書き込みが続出する騒ぎに。一方、「タッキーが自分の意思なら何の問題もないんだけどね」と冷静に見るユーザーの姿もあった。

   そのほかにもネット上には、「タッキーは高橋由伸かよ」と野球ファンの友人に連絡したところ、3年連続のV逸が決定的な高橋巨人の戦績を踏まえて、

「由伸も先輩コーチ陣に口出しできず結果残せてない。タッキーもマッチやヒガシに遠慮せず頑張れ」

と冗談めかした返答があったと呟くユーザーまで出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中