2018年 9月 25日 (火)

楽天、大敗の意外なワケ 「ファンキー加藤が球場にいたから」

印刷

   2018年9月12日に楽天生命パーク(仙台市)で行われた東北楽天対福岡ソフトバンクホークスの1戦。2-13と大差で楽天が敗北した。3選手にホームランを打たれるなど、先発した辛島航投手が4回途中7失点で大誤算。

   だが単に打ち込まれたことによる敗北ではなく、ファンの間では「ファンキー加藤が球場にいたからだ」といった声があがっている。

  • 公式サイトより
    公式サイトより

副音声として球場に登場

   同日、歌手・ファンキー加藤さん(39)は、球場でTBCテレビ(東北放送、TBS系)の副音声として中継を行った。18年シーズンでは「最初で最後」だったという。解説はかつて中日・楽天でプレーした山崎武司さんが務めた。

   ファンキー加藤さんはこれまで度々、同球場で楽天の試合がある日に登場してきた。

   2015年9月19日の対オリックス戦の試合前には始球式を務めた。だがこの日、楽天はオリックスに1-9で敗北。その後もファンキー加藤さんがイベントで球場に行くたびに楽天の負けが続いた。

   本人もその「ジンクス」には気づいている。18年3月27日の日刊スポーツ(ウェブ版)によると、18年シーズン開幕前の3月27日には同球場で「決起集会」が行われ、参加したファンキー加藤さんは「僕が始球式をしたり、ライブをする日には3年連続負けているんです。すごく微妙な空気の中、ライブをすることになるので、今年はぜひ勝っていただきたい」と懇願していた。

   18年4月14日に同球場で行われた試合後には、フィールド上でスペシャルライブが開催されたが、同日の西武戦で楽天は1-5で西武に敗北。イベントで懸念していた文字通りの結果となってしまっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中